Posts

Showing posts from 2018

Oracle OLEDB Provider Version 12.2.0.1.0 for Windows x86をインストールする際のエラー

Image
Windows 7 Professional 32-bitに、Oracle OLEDB Provider Version 12.2.0.1.0をインストールするには、 例えば、C:\app\instantclient_12_2に必要なDLLを揃えて、PATH環境変数にこのディレクトリーを追加した後で、 regsvr32 C:\app\instantclient_12_2\oraoledb12.dllを実行すれば良い。 しかし、「指定されたモジュールが見つかりません。」のエラーが出ることがある。 こうなるとOLEDB Providerは登録されないので、OLEDB経由でOracle Databaseに接続することはできない。 これは、Visual C++ 2013 redistributableを インストールすることで解消された。

Is it time for open processors?

Is it time for open processors? を読んだので翻訳しておく。 ただし、正しく訳せているとは思わない。 これは、 Jonathan Corbet氏による2018年1月9日のlwn.netにおける記事で、 Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International (CC BY-SA 4.0) で公開されている。 Is it time for open processors? MeltdownとSpectreの2つの脆弱性の公開により、 ハードウェアレベルのセキュリティー上の問題が存在し得ることに、 改めて注目が集まっている。 ソフトウェアの脆弱性に関しては、まだ脆弱なソフトウェアのセキュリティー の解消のために非常に多くの努力がされているが、 ハードウェアな脆弱なままであれば、全て無駄な努力である。 私たちのシステムを動かしているCPUは、高度にプロプライエタリーであり、 嬉しくない驚きを内包していることが示されている (例えば、Intel Management Engine)。 そうなると、ソフトウェアがそうであったように、 オープンソースハードウェアに移行しようという動きがでてくるのは当然だろう。 オープンソフトウェアハードウェアへの移行は可能かもしれないし、 確かに利点はあるが、それで全てが解決する訳ではないだろう。 現代のCPUは複雑であり、販売されている市場は過酷な状況である。 オープンなやり方でCPUを開発しようと言うのは驚かれるかもしれない。 しかし、この分野でもオープンな開発を進める動きはある。 オープンなCPUと言う考えは、ファンタジーではない。 以下に、いくつかの事例を紹介する。しかし網羅的なものではない。 既に公開されているもの POWERアーキテクチャーを元にしたOpenPOWERの事例を見てみよう。 これは真にオープンソースではない。 主体的に利用するのであれば、OpenPOWER Foundationに加盟しなければならない。 しかし、プロセッサーを共同作業として開発するという例ではある。 比較的オープンな設計に基づいた製品が出荷されている。 OpenPOWERは、ハイエンドに特化している。 この設計に基づいたチップが、近い将来携帯電話やノートP…