Posts

FreeBSDのconsoleのkeymapの変更

FreeBSD/amd64 11.2-RC3を使っているのだが、NetBSDで/etc/wscons.confにencoding us.swapctrlcapsと指定するのと同じ設定が必要だった。 このNetBSDの設定では、CAPS lockキーと左Ctrlキーを入れ替えるのだが、以下のFreeBSDの設定では、CAPS lockが左Ctrlキーになる。 私としては、その方が望ましい。 # vi /etc/rc.conf keymap="us.ctrl" us.ctrlの部分は、/usr/share/vt/keymapsにあるファイル名から.kbdを取ったものを指定する。

AndroidのGmailアプリのExchange and Office 360アカウントのMobile device ID

AndroidのGmailアプリでは、Exchange and Office 365アカウントを追加することはできる。この際に、Mobile device IDというのが表示される。 これは、電子メールアドレスを入力してNextボタンを押下すると表示されるのだが、これは、1つ前の画面で入力した電子メールアドレスに無関係であった。 つまり、違う電子メールアドレスを入力しても、同じMobile device IDが表示される。

東京大学のOCWについて

東京大学のOCWには以下の問題があるようである。 1つ目は、Adobe Flashでビデオ配信されていることである。これ自体は、現状では問題ないのだが、今のメンテナンス状態を考えると、Adobe Flash Playerが提供されなくなった後に、HTML5等で更新されることもなさそうに思えるので、残念なことになってしまうかもしれない。 2つ目は、iiionline.iii.u-tokyo.ac.jpというウェブサイトへのリンクになっているビデオがあるということである。このウェブサイトが今はもう動いていないようである。ocw.u-tokyo.ac.jpにちゃんとまとめておかなかったのは失敗だろう。おもしろそうな講義もあったので残念である。

OCW「ビッグデータ時代の人工知能学と情報社会のあり方」(東京大学)

ビッグデータ時代の人工知能学と情報社会のあり方は、コースの半分近くのビデオは非公開になってしまっている。公開されているビデオは、人工知能に関する概論的な講義である。 私は、人工知能について学んで来なかったのだが、深層学習が人工知能の研究においてどのような意味を持つかを解説した第9回第10回は特におもしろかった。

OCW「情報工学概論A」(東京大学)

東京大学の「情報工学概論A」は、インターネットを実現する技術についての講義であった。 インターネットの運営に関することから、イーサネット等からHTTP等までのネットワークの技術、暗号化技術について、解説している。 内容は、基礎的なものであるので、2018年の今でも視聴する価値はあると感じた。しかし、実例として触れられているものは、古くなってしまっている。

OCW「データベース」(上智大学)

大学の公開している日本語の講義はいろいろあるのだが、内容が一部だけではなく役に立つものと言うと、あまりないように思える。 また、そのような講義がまとめられている物も見つけられない。 上智大学理工学部「データベース」は、 データベースとSQLについて全く知らなかった時期に、SQL ゼロからはじめるデータベース操作を 読むのと同時に視聴して大変役に立った。

スウェーデンとElsevier

Sweden ends contract with science publisher Elsevier, moving for open access for scientific articlesによると、 2018年6月30日から、スウェーデンの研究者は、Elsevierの学術雑誌に投稿したり、論文を閲覧したりできなくなるらしい。 商業的な学術雑誌ももう少しリーズナブルな価格になって欲しい。 オープンアクセスであれば、確かに私は助かるが、継続性があるのか良く分からないので。