投稿

Windows 10でインストールされているフォントをPowerShellで一覧する

Windows 10でインストール済みのフォントの一覧をテキストファイルで得たい用事があった。 こんな簡単なことなのだが、ぴったりの例を探すことができなかった。 ちゃんとPowerShellを体系的に理解しないといけないが、以下のようにすれば動く。 [void] [system.reflection.assembly]::loadwithpartialname("system.drawing") (new-object system.drawing.text.installedfontcollection).families.name | out-file fonts.txt http://codegists.com/snippet/powershell/displayallfontsps1_matthewjberger_powershell が参考になった。

NetBSDのdate(1)コマンドは、なぜデフォルトでは分かりにくい結果を返すのか?

はじめに NetBSDでLANG=ja_JP.UTF-8な環境で生活しているが、date(1)コマンドを 実行すると、分かりにくい結果の文字列が返って来るのがなぜなのか ずっと気になっていた。 $ date 月 7月 10 21:00:41 JST 2017 やっと重い腰を上げて調べてみたので、結果を書いておく。 date(1)のソースコードを見てみるsrc/bin/date/date.cに出力の処理は書かれているようである。 特にフォーマットを指定しない場合の出力フォーマットを決めている箇所を 探すと、以下の箇所が見付かった。141行目である。 132 if (!rflag && time(&tval) == -1) 133 err(EXIT_FAILURE, "time"); 134 135 136 /* allow the operands in any order */ 137 if (*argv && **argv == '+') { 138 format = *argv; 139 ++argv; 140 } else 141 format = "+%a %b %e %H:%M:%S %Z %Y"; 142 143 if (*argv) { 144 setthetime(*argv); 145 ++argv; 146 } どうやら、ロケールの標準値を指定する等ではなく、私が見やすくないと思っていた フォーマットで決め打ちになっている。 POSIXの規格を見てみる POSIX(これはIEEE 1003.1-2008のことであって、Open Groupのウェブサイトで公開されているものと思っている)の規格の内容を調べてみると、date(1)コマンドに関する最新版…

Windows 10 home Creators UpdateでCAPSキーをCTRLキーにする

Microsoft Windows 10 homeをインストールしているマシンがあるのだが、CAPSキーをCTRLキーに置き換えて使用している。 以下のような内容をcaps2ctrl.regと言うファイル名で保存し、ダブルクリックでregedit.exeで書き込むば良い。 REGEDIT4 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout] "Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,02,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00 どこで入手したのか原典が分からなくなってしまっているが、Microsoft Windows 10 home Creators Updateで動いている。

NetBSD/evbearmv7hf-el VEXPRESS_A15カーネルをqemu-system-armで動かす

Jared McNeillさんがNetBSD/evbarmのVEXPRESS_A15カーネルをqemu-system-arm -M vexpress-a15で動かせるようにしてくれた。 fdt(4)を使うようになったのが注目点なのかもしれないが、私としてはqemuのSDカードエミュレーションがNetBSDから使えるようになったことに注目している。 以前、INTEGRATOR_CPカーネルやGUMSTIXカーネルを起動させた際には、SDカードコントローラーの想定しない状態変化をNetBSDが設定しようとしてエラーになり、使えなかったような記憶があるためだ。 INTEGRATOR_CPカーネルやGUMSTIXカーネルは後ほど試してみるとして、まずはhttp://mail-index.netbsd.org/port-arm/2017/06/02/msg004154.htmlにある内容をやってみた。 qemuは、pkgsrc/emulators/qemuからインストールしたqemu-2.9.0nb1であり、ホストはNetBSD/amd64 8.99.1である。 まずは、以下のように実行し、最新のevbearmv7hf-elのreleaseディレクトリーを用意する。場所は、/usr/world/8.99/evbearmv7hf-el/releaseにする。 $ cd /usr/src $ cvs up -dPA $ ./build.sh -U -O /usr/world/8.99.1/evbearmv7hf-el/obj -T /usr/world/8.99.1/evbearmv7hf-el/tools -D /usr/world/8.99.1/evbearmv7hf-el/destdir -R /usr/world/8.99.1/evbearmv7hf-el/release -u -x -j 4 -m evbearmv7hf-el release 次に、作業用ディレクトリーを作り、必要なファイルを用意する。注意事項としては、dtbファイルは最新のNetBSD-currentではbuild.shの実行の中で生成されるので、pkgsrcからインストールする必要はない点がある。 $ mkdir ~/tmp $ cd ~/tmp $ cp /usr/world/8…

NetBSD/amd64 8.99.1 on dynabook R73/U

ちょっと古いマシンになるがdynabook R73/Uを使う機会があったので、NetBSD/amd64 8.99.1を起動させてみた。 起動は、build.sh live-imageで作成したUSBメモリー用のライブイメージファイルを使用した。 以下について、動作確認した。 NetBSDに附属のX Windows SystemはVESAビデオドライバーでフルHD表示が可能。Wi-Fi機能は、iwm(4)で使用可能。5GHz帯も使用可能。 Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved. Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved. NetBSD 8.99.1 (GENERIC) #0: Thu Jun 15 16:51:16 JST 2017 ryoon@brownie:/usr/world/8.99/amd64/obj/sys/arch/amd64/compile/GENERIC total memory = 4017 MB avail memory = 3879 MB cpu_rng: RDSEED timecounter: Timecounters tick every 10.000 msec Kernelized RAIDframe activated running cgd selftest aes-xts-256 aes-xts-512 done timecounter: Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 100 TOSHIBA dynabook R73/U (PR73UFAA437AD81) mainbus0 (root) ACPI…

NetBSD/amd64 8.99.1 on VAIO S13

前回は、インストール用のUBSスティック用イメージでNetBSD/amd64 7.99.70を起動させたが、ただ起動させただけであまりどうさ検証はできんなかった。 今回は、build.sh live-imageで作成したXも起動できる環境でテストしてみた。 結果としては、以下のようになった、 X Wndow Systemは、VESAドライバーでフルHDでの表示ができた。Wi-Fi機能は、iwm(4)動作する。5 GHz帯も使える。オーディオ機能は未検証。 Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved. Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved. NetBSD 8.99.1 (GENERIC) #0: Thu Jun 15 16:51:16 JST 2017 ryoon@brownie:/usr/world/8.99/amd64/obj/sys/arch/amd64/compile/GENERIC total memory = 3894 MB avail memory = 3759 MB cpu_rng: RDSEED timecounter: Timecounters tick every 10.000 msec Kernelized RAIDframe activated running cgd selftest aes-xts-256 aes-xts-512 done timecounter: Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 100 VAIO Corporation VJS131 (Reserved) mainbus0 (root) A…

MP3 (MPEG-1 Audio Layer 3)は本当に自由に使えるようになったのか?

はじめに ウェブ上のニュースサイトでは、MP3の特許が全て期限切れになったとか、 ライセンシングプログラムが終了したとか報じられているが、 本当に日本で自由に使えるようになったかどうか検証している記事は ないような気がする。 Red HatのFedoraプロジェクトが、MP3のデコーダーとエンコーダーを 含めるようになったそうなので、自由に使えるようになった国がある のは間違いなさそうである。 以下では、実際の特許公報を確認して、日本において自由に使えるように なっているかを確認した結果を記載する。 まずは、該当する特許を探さないといけない。 ライセンシングプログラムが終了してしまったので、mp3licensing.comでの一覧は閲覧できなく なってしまった。achive.orgで確認することにする。 日本の特許の個別確認mp3licensing.comのPatent Portfolioのページ で、日本の特許については、Country欄がJPになっているものである。 以下にJ-PlatPatで確認しつつ、JPの特許を引用する。 出願番号出願日特許公報番号件名昭62-1319711987年5月29日2792853オーディオ信号の伝送方法及び装置平05-5073401992年10月6日3640666音響的又は光学的信号を伝達及び/又は記憶する際の周波数クロストークを減少させる方法昭63-0197261988年2月1日2801197デジタルオーディオ信号の伝送方法平5-5080771992年10月13日3421726複数の依存し合うチャネルのデジタル信号を伝達及び/又は記憶する際にデータを減少させる方法昭61-405151986年2月27日1814067オーデイオ信号の伝送方法平02-5059321990年4月12日2739377デジタル式コード化方法平03-1580291991年6月28日3187077オーディオ信号のコード化方法及び装置並びにデコーディング法及び装置並びに伝送方法平06-5105671993年11月2日3792250多チャンネルのデジタル信号を送信及び/又は記憶する方法平02-5083541990年5月17日3065343信号伝送方法平02-502338 (mp3licensing.comの番号90/00143は誤記か?)1990年1月26日…