EasyRTCのGitHubリポジトリーがなくなっていた

https://github.com/priologic/easyrtcで公開されていた EasyRTCというWebRTCをウェブブラウザーで使うライブラリーのリポジトリーがなくなっていた。 フォークしたhttps://github.com/open-easyrtc/open-easyrtcというのを後継 として使うことになりそうだ。

Dell XPS 13 (9300)を修理してもらった

2020年8月16日日曜日 15:30ころ

到着から8日目で起動しなくなってしまい、何度か電源ボタンを押していると、電源ステータスLEDが橙色が2回、白色が3回点滅するのを確認した。マニュアルによると、メモリー異常の場合であるらしい。修理窓口に電話すると、BIOSリカバリーやLCDのチェック、マザーボードのチェックの手順を教えてもらい、マザーボードの交換が必要という結論になった。購入時の保証でオンサイト修理をしてもらえるらしい。ただ、マザーボードの在庫はないそうで、数日以内に送付されて来るとのことだった。届いたパーツは開梱してはいけないとのことだった。電子メールアドレスへのテスト送信をしてもらい、電子メールアドレスの確認もされた。 電話は50分間程度かかった。 直後に電話で話しをした担当の方から、これからの進め方について電子メールをもらった。

2020年8月17日月曜日 20:10ころ

担当の方から2020年8月20日にパーツが到着予定になっているとの電子メールでの連絡があった。

2020年8月18日火曜日 11:40ころ

交換部品を出荷した旨の電子メールが来た。

2020年8月18日火曜日 12:34ころ

エンジニアの訪問日時を調整する電話が来た。 交換部品は明日2020年8月19日 08:00-09:00に自宅に配達されて来るとのこと。開梱しないで保管しておいて欲しいとのこと。 訪問日時の調整に入ったが、先方はお盆明けで忙しく、なかなか双方の都合が合う時間帯が見つからなかった。少し時間はあいてしまうが、2020年8月22日土曜日13:00-14:00にエンジニアが自宅に到着し、1時間強の作業をしてもらうこととした。必要な作業スペースとしては、60cm×60cmの作業用マットを展開できる机などが必要であり、作業前に免責のサインが必要とのことであった。

2020年8月22日土曜日 13:00ころ

エンジニアの方が訪問され、免責のサインをiPad上で実施した。その後すぐに修理開始された。

2020年8月22日土曜日 14:30ころ

修理完了し動作確認をさせてもらった。その後、修理完了のサインをiPad上で実施した。すぐに修理報告の電子メールが送られて来た。

NetBSDのudl(4)を2つ目のwsdisplay(4)/wscons(4)として利用する

はじめに

udl(4)として認識されるI-O DATAのUSB-RGBを持っているが、 NanoPi NEOのようなグラフィカルなコンソールの存在しないマシンでしか利用していなかった。 https://wiki.netbsd.org/users/rkujawa/notes/によると、 wsdisplay1を利用する方法があるとのことだったので、試してみた。

wsdisplay1にスクリーンを追加する

wsdisplay1で認識されるコンソールは、/dev/ttyF*として認識されるらしい。 NetBSD/amd64 9.99.72では、/dev/ttyF*は既に存在していた。

$ ll /dev/ttyF*
crw-------  1 root  wheel  47, 256 Sep  6 05:37 /dev/ttyF0
crw-------  1 root  wheel  47, 257 Aug 22 21:33 /dev/ttyF1
crw-------  1 root  wheel  47, 258 Aug 22 21:33 /dev/ttyF2
crw-------  1 root  wheel  47, 259 Aug 22 21:33 /dev/ttyF3
crw-------  1 root  wheel  47, 260 Aug 22 21:33 /dev/ttyF4
crw-------  1 root  wheel  47, 261 Aug 22 21:33 /dev/ttyF5
crw-------  1 root  wheel  47, 262 Aug 22 21:33 /dev/ttyF6
crw-------  1 root  wheel  47, 263 Aug 22 21:33 /dev/ttyF7
crw-------  1 root  wheel  47, 511 Aug 22 21:33 /dev/ttyFcfg
crw-------  1 root  wheel  47, 510 Aug 22 21:33 /dev/ttyFstat

udl(4)をUSBソケットに差し込むと、以下のように認識される。

udl0 at uhub13 port 1
udl0: DisplayLink (0x17e9) I-O DATA USB-RGB (0x0150), rev 2.00/0.03, addr 4
wsdisplay1 at udl0 kbdmux 1
wsmux1: connecting to wsdisplay1

これだけでは、コンソールとしては使うことができない。 以下のようにスクリーンを追加する必要がある。

# wsconscfg -f /dev/ttyFcfg 0

このように実行すると、以下のように表示される。

wsdisplay1: screen 0 added (default, vt100 emulation)

コンソールとして使うには、以下のように設定しておく必要がある。

# cat /etc/ttys
console "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  off secure
constty "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  off secure
ttyE0   "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  on secure
ttyE1   "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  on secure
ttyE2   "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  on secure
ttyE3   "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  on secure
ttyF0   "/usr/libexec/getty Pc"         wsvt25  on secure
tty00   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty01   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty02   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty03   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty04   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty05   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty06   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
tty07   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure

# /etc/rc.d/ttys restart

これで、USBキーボードを接続すると、/dev/ttyF0で入力できる。

Adobe Acrobat Reader DCのオフラインインストーラーを入手する

Adobe Acrobat Reader DCのオフラインインストーラーは、 基本的には、ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/win/AcrobatDC/ からダウンロードできるのだが、全てのバージョンに対してインストーラーが用意されている訳ではないので、サブディレクトリーの中を見て回らないと いけないのが問題である。

https://get.adobe.com/reader/otherversions/から選択すると、最新のリリースではない ものの、最新のインストーラーファイルをダウンロードできる。 なので、インストールしたら必ずアップデートがあるか確認する必要がある。

Google Chrome for Windowsのオフライン(スタンドアロン)インストーラーを入手する

普通、https://www.google.com/chrome/からダウンロードできる Google Chromeのインストーラーは、本体をダウンロードするためのダウンローダーでしかない。 オフラインでインストールできるインストーラーは、このインストーラーの実行が失敗すると案内される、 https://www.google.com/chrome/?standalone=1のウェブページから ダウンロードできる。 ただし、Google Chromeのサポートしているプラットフォームのユーザーエージェントを持ったウェブブラウザーである必要がある。 そうでない場合には、Windows/x86_64用であればhttps://www.google.com/chrome/?standalone=1&platform=win64からダウンロードできる。

Dell XPS 13 (9300)を購入して届くまで

2020年7月27日(月曜日) 04:00頃

BTOで注文した。 納期は2020年8月16日と表示されていた。納期は13営業日ということである。 即納品では不要なMicrosoft Officeが必須になっているし、即納でないのであればキーボードもUS配列にしておきたいので、仕方がない。

以下によると、14営業日で届くのが標準的なスケジュールのようだ。 https://www.dell.com/learn/jp/ja/63/campaigns/delivery-info-consumer これを信じるのであれば、2020年8月17日着になるはずであり、そう考えると2020年8月16日着というのは標準的なスケジュールより1日早い。

2020年7月27日(月曜日) 11:00頃

受注手続き完了の電子メールが来て、生産開始にステータスが変更になった。 この時点で納期が2020年8月12日に変更になり、4日間(2営業日)短縮になった。 この時点で届くまでにかかる日数は11営業日(16日)である。

2020年7月28日(火曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年7月29日(水曜日) 夕方

ウェブサイトで確認すると、「出荷済み - 国内配送センターへ輸送中」のステータスに変更になっていた。

国際輸送は7営業日かかるとDellのウェブサイトには記載されていたので、明日2020年7月30日から7営業日というと2020年8月7日には国内に入って来るのではないかと考えた。そうすると、国内輸送に2営業日かかるとDellのウェブサイトには記載されていたので、2020年8月12日には手元に届くかもしれないと考えた。こう考えると予定通りである。

オーダーウォッチサービスに登録していなかったので、登録した。

2020年7月30日(木曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年7月31日(金曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月1日(土曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月2日(日曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月3日(月曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月4日(火曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月5日(水曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月6日(木曜日)

ウェブサイトを確認しても変化はない。

2020年8月7日(金曜日) 14:55頃

ふと確認すると、国内配送センターへ輸送中のステータスのままだが、佐川急便の配達番号が付与されていた。ただし、佐川急便のトラッキングシステムではまだ番号未登録の状態だった。どこから出荷されるのかはまだ分からないが、明日2020年8月8日に配達されて来ると期待できそうだ。

2020年8月7日(金曜日) 15:33頃

デル オーダーウォッチサービスで、国内物流拠点から出荷した電子メールが来た。

2020年8月7日(金曜日) 23:15頃

ふと確認すると、佐川急便のトラッキングシステムで検索できるようになっていた。それによると、東京の城東営業所が集荷営業所で、14:00に取り扱って輸送中であることが表示された。 これであれば、明日配達されるかもしれない。

2020年8月8日(土曜日) 15:20頃

自宅に配達された。結局12日間で納品された。

Dell XPS 13 9300でNetBSD/amd64を使う

仕様については、以下に記載されている。 https://www.dell.com/support/manuals/jp/ja/jpdhs1/xps-13-9300-laptop/xps-13-9300-setup-and-specifications/specifications-of-xps-13-9300?guid=guid-7c9f07ce-626e-44ca-be3a-a1fb036413f9&lang=en-us

NetBSD/amd64 9.99.70を利用している。 このラップトップは、UEFIブートモードしかサポートされていない。 インストール時は、いろいろ問題があったのだが、自分の持っている接続USB stickやUSB-Ethernetアダプターの問題であったりしたので、基本的には問題ないはずである。

サポート状況概要

ビデオ
DRM/KMSのサポートはされていない。genfb(4)を使うことになる。genfb(4)で4K LCD表示可能。OpenGLは、LLVMpipeが使えるので10 fpsくらいでの描画は可能。genfb(4)ではUSB Type-Cコネクター経由での外部ディスプレイへの出力はできない。
Bluetooth
ubt(4)として認識されるが、ファームウェアを読み込む必要があるホストコントローラーであるようで、利用不可。
Wi-Fi
サポートされていない。OpenBSDのiwx(4)デバイスドライバーを移植すれば動くかもしれない。
オーディオ
hdaudio(4)でサポートされている。しかし、ヘッドセットジャック接続の再生でノイズが激しい、ヘッドセットジャック接続のマイク入力が認識されない、と言う問題がある。
タッチパッド
pms(4)のSynapticsサポートで問題なく利用できる。
microSDカードリーダー
rtsx(4)で認識されるのだが、カードを挿入するとsdmmc(4)で有効化エラーが出て利用できない。2020-08-26追記: microSDカードが壊れていたようで、正常なmicroSDカードを挿入すれば問題なく利用できる。
ウェブカメラ
可視光も赤外線も両方とも利用できない。uvideo(4)がいけないのではなく、xhci(4)がアイソクロナス転送がサポートされていないのが問題であるようだ。
USB Type-C
左右でxhci host controllerが別々になっているが、両方とも問題なく利用できる。
指紋センサー
認識されない。
タッチスクリーン
認識されない。dwiic(4)が認識されないが、単純にPCI vendor ID/product IDを追加しても動作しなかった。
Intel Quick Sync Video
genfb(4)を使っている時は利用できないようだ。
Thunderbolt
利用できるハードウェアを持っていないので確認できない。

設定

BIOSで以下の設定をする必要があった。

  • MVMeの接続について、SATAの設定でRAID onになっているのをAHCIにすることが必要だった。AHCIに変更することで、nvme(4)とld(4)として利用可能になった。
  • Secure Bootを無効化する。
  • 内蔵ウェブカメラはBIOSで無効化できるので、どうせ利用できないので無効化しておいた。

Windows 10で以下の設定をする必要があった。

  • プリインストールされたWindows 10のDell Power Managemenrtアプリケーションで、サーマル管理画面で「超高パフォーマンス」に設定した。しかし、これでもCPUの最大動作周波数は3.5 GHzになっているように見える。CPUの仕様上はIntel Core i7-1065G7なので3.9 GHzなのだが、そこまでは上がらないように制御されているようだ。

課題

日常で使うには、以下ができるとうれしい。

  • Wi-Fiアダプターをサポートする。
  • Bluetoothホストコントローラーをubt(4)でサポートする。
  • タッチスクリーンをサポートする。
  • Intel統合CPU用のLinuxのデバイスドライバーを移植し、ハードウェアアクセラレーションを有効にする。
  • オーディオについて、ヘッドセットジャックでの音声出力のノイズ発生を解消する。
  • オーディオについて、ヘッドセットジャックでの音声入力ができるようにする。

おわりに

BIOSにもいろいろな設定があって、細かく設定できる良いラップトップであると思う。 画面も綺麗な表示で良いと思う。 キーボードは、home/end/pageup/pagedownが独立していないの以外は、タイプする感覚も良いように感じた。

EasyRTCのGitHubリポジトリーがなくなっていた

https://github.com/priologic/easyrtc で公開されていた EasyRTCというWebRTCをウェブブラウザーで使うライブラリーのリポジトリーがなくなっていた。 フォークした https://github.com/open-easyr...