NetBSD/amiga-current on WinUAE Amiga m68k emulator

この記事は、NetBSD Advent Calendar 2019の10日目の記事です。

はじめに

ウェブを検索してみると、NetBSD/amigaをWinUAEというm68kを搭載したAmigaというマシンでNetBSD/amigaを動かした記録が見付かります。 ですが、なかなか手元で再現させられる情報がまとまっていないように見えました。 折角、Amiga ForeverでAmigaマシンのROM (Kickstart ROMと呼ばれています)とWorkbenchというAmigaDOSのGUI環境を 購入したので、試行錯誤してみました。

Kickstart ROMとWorkbenchを入手する

Amiga ForeverでAmiga Forever Plus Editionを購入すると、以下の2つのファイルが手に入ります。

  • amiga-os-310-a3000.rom (Kickstart ROMのバージョン3.1で、A3000マシン用)
  • workbench-311.hdf (Workbench 3.1のHDDイメージ)
実際の手順は、NetBSD/amiga 7用のインストール手順書の通りに進めてみます。

Amigaマシンを設定する1

68030を搭載したA3000をベースに設定することにしました。 WinUAEのQuickstartでA3000を選択し、Set configurationボタンを押します。 . メモリーもZ3 Fastを適当に増やしておきます。

HDイメージを用意する

当面の目標としては、NetBSD/amigaの起動するSCSI-2接続のHDDイメージ(.hdfファイル)を作成することです。 ですが、私はSCSI-2接続のHDDディスクイメージをWorkbench 3.1のhdtoolboxコマンドで設定することができませんでした。 これは、私がAmigaDOSについて何も知らないためである可能性が高いです。 とりあえず、SCSI-2接続ではなく、UAE (uaehf.device)という接続にすることで解決できました。

.hdf HDDディスクイメージファイルを作成してしまえば、SCSI-2で接続し直すだけで良いです。 Wrokbench3.1アイコンから、Toolsアイコンを選択し、Toolsウィンドウの右端まで移動してHDToolBoxをダブルクリックすることで、 HDToolBoxを起動します。

次に、.hdfファイルを1GBの容量で作成します。1GBを超えるとHDToolBoxで正常に扱えないようです。 1GB以上で作成したいので、これについては、もっと追求すべきかもしれません。 その上で、HDToolBox上で、Define a New Drive TypeでRead Configurationを実行します。 .hdfファイルを接続し直した際にも、これをする必要がありますし、パーティション設定を初期化したい場合にもこれを実行すると良いようです。 Partitioning Driveを選択し、ルートファイルシステムとスワップ領域用のパーティションを作成します。 HDToolBoxの操作性が全く分からないので、既定値の500MBずつのまま進めました。 (ですが、最終的にスワップ領域を使えない状態になってしまっています。) UDH0をルートファイルシステム、UDH1をスワップ領域にします。 Advanced Optionにチェックし、Bootableにチェックし、Change...ボタンから下図のように設定する必要があります。 細かい設定値はインストール手順書に書かれています。 注意点としては、これもまた書かれていますが、Identifierを手入力した際に、Enterキーを押さないと、0x0になってしまうという点です。 また、Add/Update...ボタンから、事前にIdentifierを登録しておいて、それを選択して使うこともできるはずですが、 .hdf HDDディスクイメージファイルに書き込む際にエラーを発生してしまったので、避けた方が良いかもしれません。 (これもまた、私がAmigaDOSについて何も知らないからだと思いますが。)

その上で、WindowsホストのディレクトリーをVF:にマウントし、そこに、AmigaDOS用のxstreamtodevコマンドとminiroot.fs (これは事前に圧縮を解除しておきます)を 置いておき、以下のように実行し、スワップ領域にminiroot.fsを書き込み、インストーラーを起動させる準備をします。

cd VF:
xstreamtodev --input=miniroot.fs --rdb-name=UDH1
(書き込みの進捗状況が表示される。されない場合はターゲットのディスクの指定が間違っている。)

Amigaマシンを設定する2

まずはCPUを実機と同程度の速度に制限するのを止め、最速でエミュレートするようにします。 Fastest possibleを選択します。 また、MMUも必要ですので、MMUを有効にします。

チップセットはFullECSを選択しておきました。 これが一番画面が広いように感じたというだけです。

いろいろ試しましたが、Graphics boardとして、Picasso IV (Village Tronic)/Picasso IV (128k)を選択することで、NetBSD/amigaのブートメッセージを画面表示できるようになりました。 これは、NetBSD 8.0 on Amiga A3000 (WinUAE), Picasso IV graphicsを参考にしました。

ここで、UAE1:に接続されている.hdf HDDディスクイメージファイルをSCSI-2接続に変更します。 合わせて、NetBSD/amigaのインストールISOイメージをSCSI接続のCD-ROMドライブに挿入しておきます。

WinUAEを再起動したら、一息置いてマウスも右と左のボタンを同時に押します。 すると、Amiga Early Startup Control画面に入ることができます。 Boot Options...ボタンから、左側のペインでUDH1を選択し、Useボタンを押して元の画面に戻って、Bootボタンで起動すると、NetBSD/amigaのINSTALLカーネルが起動します。 ちゃんと.hdf HDDディスクイメージファイルをSCSI-2接続に変更しておけば、ルートファイルシステムが見付からないということはないはずです。

NetBSD/amigaのインストールは、インストーラーの促す通りです。 setsの展開には時間がたっぷりかかりますので、気長に進めるのが良さそうです。

最後に、AmigaNet (Hydra Systems)というEthernetアダプターを有効にし、ed(4)として認識された状態のdmesgを掲載しておきます。

Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005,
2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017,
2018, 2019 The NetBSD Foundation, Inc.  All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
The Regents of the University of California.  All rights reserved.

NetBSD 9.99.20 (GENERIC) #0: Fri Dec  6 21:45:14 UTC 2019
        mkrepro@mkrepro.NetBSD.org:/usr/src/sys/arch/amiga/compile/GENERIC
total memory = 264 MB
avail memory = 255 MB
Amiga 3000 (m68030 CPU/MMU m68882 FPU)
memory segment 0 at 07800000 size 00800000
memory segment 1 at 40000000 size 10000000
memory segment 2 at 00000000 size 00200000
timecounter: Timecounters tick every 10.000 msec
Kernelized RAIDframe activated
mainbus0 (root)
clock0 at mainbus0: CIA B system hz 100 hardware hz 709379
timecounter: Timecounter "CIA B" frequency 709379 Hz quality 100
Calibrating delay loop... 46/1024 us
a34kbbc0 at mainbus0
ser0 at mainbus0: input fifo 512 output fifo 32
par0 at mainbus0
kbd0 at mainbus0: CIA A type Amiga
ms0 at mainbus0
grfcc0 at mainbus0
grf0 at grfcc0: width 640 height 400 colors 4
ite0 at grf0: rows 0 cols 0 repeat at (30/100)s next at (10/100)s has keyboard
fdc0 at mainbus0: dmabuf pa 0x1e3658: dmabuf ka 0x727658
fd0 at fdc0 unit 0: 3.5dd 80 cyl, 2 head, 11 sec [9 sec], 512 bytes/sec
ahsc0 at mainbus0
scsibus0 at ahsc0: 8 targets, 8 luns per target
aucc0 at mainbus0
audio0 at aucc0: playback
audio0: slinear_be:16 2ch 28867Hz, blk 40ms for playback
spkr0 at audio0: PC Speaker (synthesized)
zbus0 at mainbus0: i/o size 0x00400000
grfcl0 at zbus0 pa 0x200000 man/pro 2167/21
grf3 at grfcl0: width 640 height 480 colors 16
ite3 at grf3: rows 60 cols 80 repeat at (30/100)s next at (10/100)s has keyboard
grfcl: 4MB Picasso IV being used
grfcl1 at zbus0 pa 0x400000 man/pro 2167/22
ite at grfcl1:  not configured
grfcl2 at zbus0 pa 0xea0000 man/pro 2167/23
ite at grfcl2:  not configured
ed0 at zbus0 pa 0xe90000 man/pro 2121/1ed0: Ethernet address 52:54:05:32:33:34
board at zbus0: pa 0xec0000 man/pro 2011/82 not configured
timecounter: Timecounter "clockinterrupt" frequency 100 Hz quality 0
scsibus0: waiting 2 seconds for devices to settle...
cd0 at scsibus0 target 0 lun 0:  cdrom removable
sd0 at scsibus0 target 1 lun 0:  disk fixed
sd0: 1024 MB, 8322 cyl, 4 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 2097152 sectors
4 views configured
root on sd0a dumps on sd0b
root file system type: ffs
kern.module.path=/stand/amiga/9.99.20/modules
WARNING: preposterous TOD clock time
WARNING: using filesystem time
WARNING: CHECK AND RESET THE DATE!

Amazon EC2 c5インスタンスでのNetBSD/amd64 9.0_RC1の利用

この記事は、NetBSD Advent Calendar 2019の5日目の記事です。 すっかり遅くなりすみません。

はじめに

昨年のNetBSD Advent Calendarの記事で、 Amazon Web Service EC2 c5インスタンスでNetBSD/amd64-currentを動かそうとした話を書きました。 その時には、ena(4)に関連したカーネルパニックで利用できる状態にはできませんでした。

その後、さいとうさん(msaito@)がxhci(4)と同様の方法で直してくださいました。 AMIを作って起動させるところまでは、 昨年のNetBSD Advent Calendarの記事と同様ですので、 今年度は、ena(4)が使えるようになった状態の報告と、 Get System Logでブートログを表示させる方法を書きたいと思います。 使うのは、先日リリースされたNetBSD/amd64 9.0RC1付近のnetbsd-9です。

ena(4)が使えるようになった状態

AWS EC2では、シリアルコンソールやVNCコンソールはありませんから、sshでログインできなければ操作できません。 ena(4)が使えないといけないのは、そのためです。

Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005,
2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017,
2018, 2019 The NetBSD Foundation, Inc.  All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
The Regents of the University of California.  All rights reserved.

NetBSD 9.0_RC1 (GENERIC) #0: Mon Dec  2 15:08:52 UTC 2019
 mkrepro@mkrepro.NetBSD.org:/usr/src/sys/arch/amd64/compile/GENERIC
total memory = 3881 MB
avail memory = 3745 MB
cpu_rng: RDSEED
timecounter: Timecounters tick every 10.000 msec
Kernelized RAIDframe activated
running cgd selftest aes-xts-256 aes-xts-512 done
timecounter: Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 100
Amazon EC2 c5.large
mainbus0 (root)
ACPI: RSDP 0x00000000000F8FA0 000014 (v00 AMAZON)
ACPI: RSDT 0x00000000BFFFE360 00003C (v01 AMAZON AMZNRSDT 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: FACP 0x00000000BFFFFF80 000074 (v01 AMAZON AMZNFACP 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: DSDT 0x00000000BFFFE3A0 0010E9 (v01 AMAZON AMZNDSDT 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: FACS 0x00000000BFFFFF40 000040
ACPI: SSDT 0x00000000BFFFF6C0 00087A (v01 AMAZON AMZNSSDT 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: APIC 0x00000000BFFFF5D0 000076 (v01 AMAZON AMZNAPIC 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: SRAT 0x00000000BFFFF530 0000A0 (v01 AMAZON AMZNSRAT 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: SLIT 0x00000000BFFFF4C0 00006C (v01 AMAZON AMZNSLIT 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: WAET 0x00000000BFFFF490 000028 (v01 AMAZON AMZNWAET 00000001 AMZN 00000001)
ACPI: 2 ACPI AML tables successfully acquired and loaded
ioapic0 at mainbus0 apid 0: pa 0xfec00000, version 0x11, 24 pins
cpu0 at mainbus0 apid 0
cpu0: Intel(R) Xeon(R) Platinum 8275CL CPU @ 3.00GHz, id 0x50657
cpu0: package 0, core 0, smt 0
cpu1 at mainbus0 apid 1
cpu1: Intel(R) Xeon(R) Platinum 8275CL CPU @ 3.00GHz, id 0x50657
cpu1: package 0, core 0, smt 1
acpi0 at mainbus0: Intel ACPICA 20190405
acpi0: X/RSDT: OemId , AslId 
LNKD: ACPI: Found matching pin for 0.4.INTA at func 0: 11
acpi0: SCI interrupting at int 9
acpi0: fixed power button present
acpi0: fixed sleep button present
timecounter: Timecounter "ACPI-Safe" frequency 3579545 Hz quality 900
pckbc1 at acpi0 (KBD, PNP0303) (kbd port): io 0x60,0x64 irq 1
pckbc2 at acpi0 (MOU, PNP0F13) (aux port): irq 12
LPT (PNP0400) at acpi0 not configured
COM1 (PNP0501) at acpi0 not configured
ACPI: Enabled 16 GPEs in block 00 to 0F
pckbd0 at pckbc1 (kbd slot)
pckbc1: using irq 1 for kbd slot
wskbd0 at pckbd0: console keyboard
pms0 at pckbc1 (aux slot)
pckbc1: using irq 12 for aux slot
wsmouse0 at pms0 mux 0
pci0 at mainbus0 bus 0: configuration mode 1
pci0: i/o space, memory space enabled, rd/line, rd/mult, wr/inv ok
pchb0 at pci0 dev 0 function 0: vendor 8086 product 1237 (rev. 0x00)
pcib0 at pci0 dev 1 function 0: vendor 8086 product 7000 (rev. 0x00)
piixpm0 at pci0 dev 1 function 3: vendor 8086 product 7113 (rev. 0x08)
timecounter: Timecounter "piixpm0" frequency 3579545 Hz quality 1000
piixpm0: 24-bit timer
piixpm0: polling
iic0 at piixpm0 port 0: I2C bus
vga0 at pci0 dev 3 function 0: vendor 1d0f product 1111 (rev. 0x00)
wsdisplay0 at vga0 kbdmux 1: console (80x25, vt100 emulation), using wskbd0
wsmux1: connecting to wsdisplay0
drm at vga0 not configured
nvme0 at pci0 dev 4 function 0: vendor 1d0f product 8061 (rev. 0x00)
nvme0: NVMe 1.0
nvme0: for admin queue interrupting at msix0 vec 0
nvme0: Amazon Elastic Block Store, firmware 1.0, serial vol0f4f9afe33c64b139
nvme0: for io queue 1 interrupting at msix0 vec 1 affinity to cpu0
nvme0: for io queue 2 interrupting at msix0 vec 2 affinity to cpu1
ld0 at nvme0 nsid 1
ld0: 3072 MB, 1560 cyl, 64 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 6291456 sectors
ena0 at pci0 dev 5 function 0: vendor 1d0f product ec20 (rev. 0x00)
pci0: Elastic Network Adapter (ENA)ena v0.8.1
ena0: initalize 2 io queues
ena0: for MGMNT interrupting at msix1 vec 0
isa0 at pcib0
com0 at isa0 port 0x3f8-0x3ff irq 4: ns16550a, working fifo
attimer0 at isa0 port 0x40-0x43
pcppi0 at isa0 port 0x61
spkr0 at pcppi0: PC Speaker
wsbell at spkr0 not configured
midi0 at pcppi0: PC speaker
sysbeep0 at pcppi0
attimer0: attached to pcppi0
acpicpu0 at cpu0: ACPI CPU
acpicpu0: C1: HLT, lat   0 us, pow     0 mW
acpicpu1 at cpu1: ACPI CPU
ena0: link is UP
timecounter: Timecounter "clockinterrupt" frequency 100 Hz quality 0
timecounter: Timecounter "TSC" frequency 3000119080 Hz quality 3000
ld0: GPT GUID: 8e7e8f6a-a91c-4a78-9bc3-c40c38ebbc9c
dk0 at ld0: "AWSROOT", 4194304 blocks at 34, type: ffs
dk1 at ld0: "AWSSWAP", 2097085 blocks at 4194338, type: swap
IPsec: Initialized Security Association Processing.
boot device: ld0
root on dk0 dumps on dk1
root file system type: ffs
kern.module.path=/stand/amd64/9.0/modules
ena0: device is going UP
ena0: for IO queue 0 interrupting at msix1 vec 1 affinity to 1
ena0: for IO queue 1 interrupting at msix1 vec 2 affinity to 0

ここで、com0というのが、Get System Logに出力が表示されるシリアルポートです。 Get System Logに表示されるようにするには、/boot.cfgを以下のように修正します。

$ cat /boot.cfg
menu=Boot normally:rndseed /var/db/entropy-file;consdev com0;boot
menu=Boot single user:rndseed /var/db/entropy-file;boot -s
menu=Drop to boot prompt:prompt
default=1
timeout=5
clear=1
つまり、consdev com0を追加します。 これにより、Actions → Instance Settings → Get System Log で下図のようにブートメッセージを表示できます。

これで、Linuxのインスタンスと同様に動作させられたのではないでしょうか。

ラップトップのI2C接続なタッチスクリーンをキャリブレーションして快適に使う

この記事は、NetBSD Advent Calendar 2019の3日目の記事です。

はじめに

HP Spectre x360 13-inch ae019TUというラップトップを使っています。 このラップトップには、ペンと指の両方で操作できるタッチスクリーンが搭載されています。 このタッチスクリーンは、NetBSD-currentだと、ims(4)として認識されます。 しかし、画面の表示と一致させるにはキャリブレーションが必要です。

キャリブレーションの方法

NetBSD-currentでは、src/sys/dev/i2c/ims.c 1.2以降、 tpcalibの仕組みでキャリブレーションができるようになっています。 これは、wsmouse_calibcoords構造体に条件を設定してioctl(2)を発行すると実行できます。

その際に与えるべき値は、options DEBUGを指定してビルドしたカーネルで起動すると、ブートメッセージに表示されます。 HP Spectre x360 13-inch ae019TUの場合には、タッチスクリーンは、X方向は0から18344、Y方向は0から10544の値を出力します。

ioctl(2)の実際

ペンで操作する場合のタッチスクリーンは、/dev/wsmouse2に割り当てられています。 この場合の概略の処理は以下のようです。

struct wsmouse_calibcoords calibcoords;
memset(&calibcoords, 0, sizeof(calibcoords));

int fd = open("/dev/wsmouse2", O_RDWR);

/* calibcoords構造体を設定する。 */

ioctl(fd, WSMOUSEIO_SCALIBCOORDS, &calibcoords);
つまり、設定されたcalibcoords構造体を、/dev/wsmouse2に対して、設定(WSMOUSEIO_SCALIBCOORDS)することで、 キャリブレーションができます。

では、calibcoords構造体には何を与えたら良いのでしょうか。 src/sys/dev/wscons/tpcalib.csrc/sys/dev/wscons/mra.cを読むと、 calibcoords.samples[0]に中央の座標、 calibcoords.samples[1]に左上の座標、 calibcoords.samples[2]に左下の座標、 calibcoords.samples[3]に右下の座標、 calibcoords.samples[4]に右上の座標 を指定すれば良いことが分かりました。 今回は、mra.cの想定するようにゆがんだ四角形を画面に合わせるのではありませんが、 簡単ですので、5点を指定してみます。

int X = 18344;
int Y = 10544;
int dispX = 3840 - 1;
int dispY = 2160 - 1;

calibcoords.minx = 0;
calibcoords.maxx = dispX;
calibcoords.miny = 0;
calibcoords.maxy = dispY;

/* center */
calibcoords.samples[0].rawx = X / 2;
calibcoords.samples[0].rawy = Y / 2;
calibcoords.samples[0].x = dispX / 2;
calibcoords.samples[0].y = dispY / 2;

/* top left */
calibcoords.samples[1].rawx = 0;
calibcoords.samples[1].rawy = 0;
calibcoords.samples[1].x = 0;
calibcoords.samples[1].y = 0;

/* bottom left */
calibcoords.samples[2].rawx = 0;
calibcoords.samples[2].rawy = Y;
calibcoords.samples[2].x = 0;
calibcoords.samples[2].y = dispY;

/* bottom right */
calibcoords.samples[3].rawx = X;
calibcoords.samples[3].rawy = Y;
calibcoords.samples[3].x = dispX;
calibcoords.samples[3].y = dispY;

/* top right */
calibcoords.samples[4].rawx = X;
calibcoords.samples[4].rawy = 0;
calibcoords.samples[4].x = dispX;
calibcoords.samples[4].y = 0;
これで、calibcoords構造体は準備できました。

実際に使用する

これをCコンパイラーでコンパイルして、/dev/wsmouse2が開かれて利用されていない状態で実行します。 それによって、以降例えばX window systemを立ち上げると、キャリブレーションされた状態で利用できます。

pkgsrc/editors/xournalppで使ってみます。

必要ない時には、以下のように切り離しておくのが良さそうです。

# /usr/sbin/wsmuxctl -f /dev/wsmux0 -r wsmouse2

NetBSDとGoogle Chtomecast

この記事は、NetBSD Advent Calendar 2019の2日目の記事です。

はじめに

いつだったか忘れてしまいましたが安売りをしていた時に、Google Chromecastを購入していました。 ですが、スマートフォンやPCのGoogle Chromeから投影しないといけないので、 自立しているAmazon Fire TV Stickに比べて活躍の機会があまりありませんでした。

NetBSDラップトップから画面を投影できるのであれば、HDMIケーブルで接続しなくて良いかもしれません。 今回は、NetBSD環境の画面を投影してみました。

ライブラリーを剪定する

ウェブを検索してみると、以下の4つの方法が有望そうです。

後ろから2つはnode.jsのモジュールです。 これはpkgsrcではパッケージングしにくいので、上から2つを試してみました。

VLCのscreen://を試す

結果から言うと、依存しているlibmicrodnsがNetBSDに対応しておらず、ビルドできませんでした。 MCAST_JOIN_GROUPがヘッダーファイルで定義されていない場合のコードが、正しくないようです。 RFC3678を良く読まないといけないようなので、今回は断念しました。

pyChromecastを試す

pyChromecastは、pkgsrc/net/py-pychromecastに用意しました。 以下のようにインストールできます。

$ cd /usr/pkgsrc/net/py=pychromecast
$ make install
ただし、pyChromecast自体はライブラリーだけなので、サンプルプログラム等が付属する訳ではありません。 pyChromecastzeroconfというPythonのみで書かれたライブラリーのあかげで、無事に使うことができました。 pyChromecastのREADME.rstを参考に以下のようなファイルを作って実行してみました。 30秒のビデオが再生できました。
import time
import pychromecast

chromecasts = pychromecast.get_chromecasts()
cast = next(cc for cc in chromecasts if cc.device.friendly_name == "Living Room TV")
cast.wait()
print(cast.status)

mc = cast.media_controller
mc.play_media('https://www.ryoon.net/~ryoon/BigBuckBunny.mp4', 'video/mp4')
mc.block_until_active()
mc.play()
time.sleep(30)
mc.stop()
Chromecastへ映像を送る方法は分かりました。

次に画面をChromecastに送る方法を考えてみます。 自分のChromecastから見える場所にビデオストリームを置いてやれば良いはずです。 画面をキャプチャーするのは、ffmpegx11grabソースが一番手軽なように思います。 そして、ffmpegと組み合わせるとなると、一番簡単に使えるのはffserverです。 ffserverは、pkgsrc/multimediaffmpeg3を最後に削除されてしまいました。 そこで、今回はffmpeg4パッケージではなくffmpeg3を使うことにします。

さて、そもそも、Chromcastが再生できるビデオストリームとはのような仕様でしょうか? Supported Media for Google Castのページによると、 WebMコンテナーのVP8ビデオであれば再生できそうです。 解像度は、1980×1080も可能なようですが、1280×720で進めてみます。

このようなビデオを配信するffserver3の設定ファイルは以下のようになります。 サウンドは今回は配信しません。

Port 8090
BindAddress 0.0.0.0
MaxHTTPConnections 1000
MaxClients 200
MaxBandwidth 10000
CustomLog -

<:Feed screen.ffm>
File /tmp/screen.ffm
FileMaxSize 20M
<:/Feed>

<:Stream screen.webm>
Feed screen.ffm
Format webm
VideoCodec libvpx
VideoFrameRate 30
VideoSize 1280x720
VideoBitRate 512
VideoBufferSize 80
VideoGopSize 30
NoAudio
<:/Stream>
実行は以下のようにします。。
$ ffserver3 -f ffserver3-vp8.conf
これで、http://localhost:8090/screen.ffmffmpeg3コマンドでビデオを送信してやると、 http://10.81.0.117:8090/screen.webm (ここで、10.81.0.117はNetBSDラップトップのIPアドレス)でストリーミング配信されます。

これに画面の左上1280×720ピクセル分を流し込むには、以下のように実行します。

ffmpeg3 -f x11grab -r 30 -s 1280x720 -i :0.0 -vcodec vp8 -c:v libvpx -b:v 2M -threads 2 -s 1280x720 http://localhost:8090/screen.ffm

このストリーミング配信を再生するようにChromecastに指示するのは以下のようなファイルを用意します。

import time
import pychromecast

chromecasts = pychromecast.get_chromecasts()
cast = next(cc for cc in chromecasts if cc.device.friendly_name == "Living Room TV")
cast.wait()
print(cast.status)

mc = cast.media_controller
mc.play_media('http://10.81.0.117:8090/screen.webm', 'video/webm; codecs="vp8, vorbis"')
mc.block_until_active()
mc.play()
time.sleep(120)
mc.stop()
ファイル名をscreencast.pyとすると、以下のように実行します。2分間再生します。
$ python3.8 screencast.py

私の環境では、約5秒から15秒で遅れで配信することができました。 ffmpeg3コマンドのオプションを工夫することで、遅延は短くできるかもしれません。

インストールされていないOpenTypeやTrueTypeのフォントのプレビュー方法

以前からNetBSDとX.orgの環境で、OpenTypeやTrueTypeのフォントをfontconfigやXで使うようにしてからではなく、 プレビューしたいと考えていた。 Linux用のfont viewerを検索しても、依存関係が複雑だったり、利用できるようにしてからしかプレビューできなかったりして、 良いものが見つからなかった。 pkgsrc/graphics/libotfbin/otfviewの引数にotfファイルやttfファイルを与えれば良い。

C++のシンボルをdemangleする

なるべくならC++で書かれたプログラムに関わりたくないような気がしているのだが、 当然のようにそういう訳にもいかない。 C++のシンボルをdemangleする方法をメモしておく。

$ nm /usr/lib/libstdc++.so.9
(snip)
0000000000386d90 V _ZGVNSt7__cxx118time_getIcSt19istreambuf_iteratorIcSt11char_traitsIcEEE2idE
(snip)

$ nm -C /usr/lib/libstdc++.so.9
(snip)
0000000000386d90 V guard variable for std::__cxx11::time_get<char, std::istreambuf_iterator<char, std::char_traits<char> > >::id
(snip)
文字列として得られた場合には、c++filtが使える。
$ c++filt _ZGVNSt7__cxx118time_getIcSt19istreambuf_iteratorIcSt11char_traitsIcEEE2idE
guard variable for std::__cxx11::time_get&t;char, std::istreambuf_iterator&t;char, std::char_traits&t;char> > >::id
GCCとclangでは同じフォーマットになっているようなので、区分を気にしなくて良いはずである。

左手で操作するための有線接続マウスを選ぶ

マウスを操作する時には、左手を使っている。 左利きではないのだが、右手は忙しいので、左手に分担させている。

Windowsでは、マウスの左右のボタンを交換して動作させる機能があって、 そうすれば、左手であれば、右クリックが右手操作時の左クリックに、 左クリックが右手操作時の右クリックと、左右対称になって操作しやすい。 ただし、これには欠点もあって、リモートデスクトップ越しに操作する場合、 リモートでもマウスの左右のボタンを交換する設定をしないといけない。 いつでも同じ環境からリモート接続するとは限らないし、 タッチパッドを使う際には、右手で操作するので、うまく行かない。 また、いつもと違うマシンを使う際にも、いちいちマウスの設定をしないといけないのは 面倒である。

いろいろなマウスを試す中で、やっと左手操作用の設定をマウスに記憶させて、 どんな環境でも左右のボタンが逆になるマウス見つけることができた。 Logicool G-PPD-001r Pro Heroゲーミングマウス である。 これは、左右対称な形状をしているので、左手で持っても右手で持っても違和感がない。

これは、Windows上で設定ソフトウエアにより左右ボタンを交換した設定を マウス本体内に保存すると、設定ソフトウエアのないマシンでも、 WindowsでなくNetBSDであっても、左右ボタンを交換した設定で動作する。 これにより、上述したような問題は全て回避できる。

ただ、不満もあって、LEDが光るのをしない設定にしても、マウスをUSBポートに接続した直後は 七色に光ってしまう。

次は、無線接続で同様なものを導入したいが、それはどれだろうか?

ちなみに、Microsoft Classic IntelliMouseを同時期に手に入れたのだが、 これは全く駄目だった。 と言うのは、設定ソフトウエアでの左右のボタンの切り替えは、Windowsの左右ボタン交換設定への ショートカットになっていて、つまりはマウス本体内に左右ボタンの交換設定を保存することは できないし、リモートデスクトップでの問題も発生する。 また、右手に最適化した左右対称ではない形状なので、左手で利用するのには困難がある。

NetBSD/amiga-current on WinUAE Amiga m68k emulator

この記事は、 NetBSD Advent Calendar 2019 の10日目の記事です。 はじめに ウェブを検索してみると、NetBSD/amigaをWinUAEというm68kを搭載したAmigaというマシンでNetBSD/amigaを動かした記録が見付かります。...