FreeBSDのX.orgでCaps lockキーをCtrlにする

最近のX.orgでは、xorg.confは用意しておかなくても良いのだが、その時にctrl:nocapsを指定する方法を書いておく。 FreeBSDでPortsからxorg-server-1.18.4_9,1を導入した時に使用している。


$ cat /usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/10-capslock.conf
Section "InputClass"
        Identifier "keyboard0"
        Driver "kbd"
        MatchIsKeyboard "on"
        Option "XkbOptions" "ctrl:nocaps"
EndSection

1 件のコメント:

UNKNOWN さんのコメント...

I can set up my new idea from this post. It gives in depth information. Thanks for this valuable information for all,.. Little Rock Locksmith Pros

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD/amd64でllama.cppを使ってみる

はじめに 生成AIが私の知りたいことに答えてくれたことはないのだが、手元の端末のみで動くのであれば、遊ぶのには良いかもしれない。 pkgsrcには含まれていないが、pkgsrc-wipには、llama.cppが含まれている。 llama.cppのうち、C++で書かれた部分は正...