LLVM/clangでビルドできるNetBSDのアーキテクチャー

LLVM/clangでビルドできる(試みることのできる)アーキテクチャー(MACHINE_ARCH)をちゃんと把握しておかないといけないと思っていた。 src/share/mk/bsd.own.mkによると、以下の各MACHINE_ARCHであるようだ。

  • aarch64
  • aarch64eb
  • earm*
  • i386
  • powerpc
  • powerpc64
  • sparc
  • sparc64
  • x86_64

また、LLVM/clangでビルドしたNetBSDを用意するには、/etc/mk.confに以下のように書いておけば良いはずである。


MKGCC=no
MKLLVM=yes
HAVE_LLVM=yes
しかし、build.shにこれを自動的に設定してくれるオプションがないのが不便だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

新しいリムネットのSMTPサーバーの認証方式を調べmsmtpで使う

リムネット の電子メールアドレスのみ目的として、ずいぶんと長い期間利用してきている。 2021年4月1日から、私のような電子メールアドレスだけ維持したい人にとっては、大幅値上げとなった。 値上げを機会にウェブサイトを見てみたところ、これまでのSMTP AUTHだ...