SKYSEA Client ViewとFirefox addon

SKYSEA Client View 10.2というのがあって、まあ、企業で必要とするロギングはできるものなのであろう。ただ、Firefoxのアドオンを勝手に追加されるのは気に入らない。e10sとか阻害されても面白くないし。 と言うことで、試しに排除できるかやってみた。

SKYSEA Client View 10.2がFirefoxに対して何をしているかは、C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions.ini を見ると分かる。以下のようにExtension5の行が強制的に追加される。


[ExtensionDirs]
Extension0=C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions\itsalltext@docwhat.gerf.org
Extension1=C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions\{e968fc70-8f95-4ab9-9e79-304de2a71ee1}.xpi
Extension2=C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions\{8f8fe09b-0bd3-4470-bc1b-8cad42b8203a}
Extension3=C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions\{ad0d925d-88f8-47f1-85ea-8463569e756e}.xpi
Extension4=C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\extensions\{53A03D43-5363-4669-8190-99061B2DEBA5}.xpi
Extension5=C:\Program Files\Sky Product\SKYSEA Client View\FxAddon
[MultiprocessIncompatibleExtensions]
Extension0=itsalltext@docwhat.gerf.org
Extension1={e968fc70-8f95-4ab9-9e79-304de2a71ee1}
Extension2={8f8fe09b-0bd3-4470-bc1b-8cad42b8203a}
Extension3={ad0d925d-88f8-47f1-85ea-8463569e756e}
Extension4={53A03D43-5363-4669-8190-99061B2DEBA5}
Extension5={3c255b38-0b4a-4c6e-b3d8-ab21d4a55eb3}
[ThemeDirs]
Extension0=C:\Program Files\Mozilla Firefox\browser\extensions\{972ce4c6-7e08-4474-a285-3208198ce6fd}.xpi

アドオンをどのディレクトリーから読み込むかを制限することができる。 C:\Users\userID\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\prefs.jsで設定する。 詳細は、Mozillaの説明によると、 とりあえずuser_pref("extensions.enabledScopes", 0);を追加しておけば、SKYSEA Client View 10.2のディレクトリーに存在するアドオンは読み込まれない。

まあ、自分だけモニタリングされていないと目立つので、こんなことはしない方が良いだろう。

Mantis BTを、nginxとphp-fpmの環境で、サブディレクトリーで動かす

サブディレクトリーで動かす

nginxとphp-fpmでサブディレクトリーで動かす話なのだが、 Mantis BTに限らず、PHPなウェブアプリケーションは何であっても同じような話になるような気がする。 しかし、Mantis BTしか確かめていない。

ここでは、http://example.com/its/ のようなURLで動かす例を示す。


http {
    upstream php-handler {
        server 127.0.0.1:9000;
    }
(snip)
    server{
(snip)
        # Mantis BT
        location ^~ /its {
                alias /usr/pkg/share/mantis;
                index index.php index.html;

                location ~ \.php$ {
                        include fastcgi_params;
                        fastcgi_pass php-handler;
                        fastcgi_index index.php;
                        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $request_filename;
                }
        }
    }
}

Mantis BTは、/usr/pkgsrc/devel/mantisから、1.3.1を導入してある。

NetBSD/amiga-current on WinUAE Amiga m68k emulator

この記事は、 NetBSD Advent Calendar 2019 の10日目の記事です。 はじめに ウェブを検索してみると、NetBSD/amigaをWinUAEというm68kを搭載したAmigaというマシンでNetBSD/amigaを動かした記録が見付かります。...