Posts

Showing posts from November, 2018

mupdfでPDFファイルをPostScriptファイルに変換する

PDFファイルをNetBSD上で読むのに、長らくMotifベースのxpdf (pkgsrc/print/xpdf)を使ってきたが、文字化けしてしまうPDFファイルがあるのが悩みだった。 思い切ってmupdf (pkgsrc/print/mupdf)に乗り換えてみた。 これまでにmupdfで文字化けしてしまうPDFファイルには遭遇していない。 PostScriptプリンターで印刷するには、PDFファイルからPostScriptファイルに変換する必要がある。 mupdfでもPDFファイルをPostScriptファイルに変換できるはずと思って試してみた。 具体的には、pkgsrc/print/mupdfパッケージに含まれているmutoolコマンドが使用できた。 実際の操作は以下のようである。 $ mutool convert -o output.ps input.pdf ビューアーとコンバーターの挙動が違うとトラブルの元なので、この方法を使って行きたい。

pkgsrcのpLaTeX (pkgsrc/print-platex)で作ったdviファイルをdvipdfmxでPDFファイルに変換する

本当に久しぶりにLaTeXでPDFファイルを作成したくなって、pkgsrcに日本語対応のLaTeXがあるか探してみたところ、 pkgsrc/print/tex-platexというのが 収録されていた。 pkgsrc/print/tex-jsclassesを使ってDVIファイルを作ってみて、pkgsrc/print/dvipdfmxで PDFファイルに変換しようとすると、以下のようなエラーになってPDFファイルを生成できない。 current-situation-of-coal-industry-in-the-world.dvi -> current-situation-of-coal-industry-in-the-world.pdf [1 kpathsea: Running mktexpk --mfmode / --bdpi 600 --mag 1+359/600 --dpi 959 rml /usr/pkg/bin/mktexpk: gsftopk: not found mktexpk: don't know how to create bitmap font for rml. mktexpk: perhaps rml is missing from the map file. kpathsea: Appending font creation commands to missfont.log. dvipdfmx:warning: Could not locate a virtual/physical font for TFM "rml". dvipdfmx:warning: >> There are no valid font mapping entry for this font. dvipdfmx:warning: >> Font file name "rml" was assumed but failed to locate that font. dvipdfmx:fatal: Cannot proceed without .vf or "physical" font for PDF output... Output file removed. …