投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

NetBSD/evbarm on Qnap TS-110のNFS rootでのブートメッセージ

NetBSD/evbarm on Qnap TS-110をNFSをroot filesystemにする方法が
分からなかったのだが、root device: とプロンプトが出た時に、
mvgbe0を指定してやれば良いと気づいた。

DHCPサーバーの設定と一緒に一連の流れを掲載しておく。
NetBSDでサポートしてほしくて、send-prもしてある。
http://mail-index.NetBSD.org/netbsd-bugs/2013/03/09/msg032363.html
http://gnats.NetBSD.org/47637


DHCPサーバーのdhcpd.confの抜粋
root-pathを指定してあると、それを使ってくれるのは、NetBSD/hp700や
NetBSD/sparc64のnetbootと一緒だ。 host phosphorus { hardware ethernet 00:50:43:3c:3b:5d; fixed-address 192.168.81.125; ddns-hostname "phosphorus"; filename "F_TS-110_netbsd.ub"; next-server 192.168.81.249; option root-path "/export/ts110"; }

u-bootから、loginプロンプトまでの一連の流れ __ __ _ _ | \/ | __ _ _ ____ _____| | | | |\/| |/ _` | '__\ \ / / _ \ | | | | | | (_| | | \ V / __/ | | |_| |_|\__,_|_| \_/ \___|_|_| _ _ ____ _ | | | | | __ ) ___ ___ | |_ | | | |___| _ \ / _ \ / _ \| __| | |_| |___| |_) | (_) | (_) | |_ \___/ |____/ \__…

TS-110でのNetBSDのブートメッセージ

Qnap TS-110のRTCは、I2CにつながったSEIKO S35390aだと
言う話を、
http://karuppuswamy.com/wordpress/2012/04/20/how-to-get-scheduled-power-on-feature-working-in-debian-gnulinux-for-qnap-ts-110-server/
で読んだので、kernel configに、
src/sys/arch/evbarm/conf/OPENBLOCKS_A6にあるのを真似て、

s390rtc* at iic0 addr 0x30

と書いたところ、認識したように見える。
まだuserlandまでたとり着いていないので、ちゃんと動いているかテストはできない。 | \/ | __ _ _ ____ _____| | | | |\/| |/ _` | '__\ \ / / _ \ | | | | | | (_| | | \ V / __/ | | |_| |_|\__,_|_| \_/ \___|_|_| _ _ ____ _ | | | | | __ ) ___ ___ | |_ | | | |___| _ \ / _ \ / _ \| __| | |_| |___| |_) | (_) | (_) | |_ \___/ |____/ \___/ \___/ \__| ** LOADER ** ** MARVELL BOARD: DB-88F6281A-BP LE U-Boot 1.1.4 (Apr 23 2009 - 19:01:28) Marvell version: 3.4.4 U-Boot code: 00600000 -> 0067FFF0 BSS: -> 00690DCC Soc: MV88F6281 Rev 3 (DDR2) CPU running @ 800Mhz L2 running @ 400Mhz SysClock = 400Mhz , TClock = 200Mhz DRAM CAS Latency = 5 tRP = 5 tRAS = 18…

TS-110のHDDなしの場合のブートメッセージ

SheevaPlug用のkernel config fileである、SHEEVAPLUGをちょっと改造して
TS-110に与えると、mvdsioがエラーを出して無限ループになってしまう。

そこで、もう一度ブートメッセージを見てみたが、HDDなのかSDカードなのか
分からなかった。
そこで、HDDを外してから、ブートマッサージを見てみた。

結果としては、sdioはないと思われる。
なので、kernel configからは、mvsdioは外して続けよう。 USB 0: host mode PEX 0: interface detected no Link. Net: egiga0 [PRIME] Hit any key to stop autoboot: 0 Unknown command 'uart1' - try 'help' __ __ _ _ | \/ | __ _ _ ____ _____| | | | |\/| |/ _` | '__\ \ / / _ \ | | | | | | (_| | | \ V / __/ | | |_| |_|\__,_|_| \_/ \___|_|_| _ _ ____ _ | | | | | __ ) ___ ___ | |_ | | | |___| _ \ / _ \ / _ \| __| | |_| |___| |_) | (_) | (_) | |_ \___/ |____/ \___/ \___/ \__| ** LOADER ** ** MARVELL BOARD: DB-88F6281A-BP LE U-Boot 1.1.4 (Apr 23 2009 - 19:01:28) Marvell version: 3.4.4 U-Boot code: 00600000 -> 0067FFF0 BSS: -> 00690DCC Soc: MV88F6281 Rev 3 (DDR2) CPU running @ 800Mhz L2 runni…

TS-110のブートメッセージ

イメージ
NetBSDを動かそうと画策しているQnap TS-110にシリアルコンソールを
つないだ。
VCCをつなぐと暴走(?)して、パワースイッチで起動しなかったり、
RXとTXをつながないで、RX-RX、TX-TXとしてしまってはまったりしたが、
無事にブートメッセージ(dmesgなど)を見ることができた。

使った部品は以下の通り、

USB-RS-232C変換器
FTDI TTL-232R-3V3
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05840/
http://www.ftdichip.com/Products/Cables/USBTTLSerial.htm

ブレッドボード
EIC-310
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00313/

ピンヘッダー (2.54mmピッチ)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00167/

JST PHR-4用端子
http://www.aitendo.com/product/3381


ピンヘッダーは、TTL-232R-3V3とブレッドボードをつなぐのに使う。
JST PHR-4用端子のケーブル側は、ちょっと細いがブレッドボードに
ささるので、そのまま挿す。

実際の接続は、
http://www.cyrius.com/debian/kirkwood/qnap/ts-119/serial.html
にある通り、前面側からGND、RX、VCC、TXの順なので、
GNDをTTL-232R-3V3の黒(GND)に、
RXをTTL-232R-3V3の橙(TXD)に、
VCCはつながずに、
TXをTTL-232R-3V3の黄(RXD)に、
それぞれつなぐ。
カメラを忘れてしまったので、写真は取っていない。

追記(2013-03-10)
配線までは分からないだろうが、現状の接続状況の写真を撮ったので掲示しておく。


console側のNetBSDマシンでは、

# screen /dev/ttyU0 115200

として、待っている状態で、電源を入れると、以下のような
ブートメッセージが得られる。
MACアドレスはCC:CC:CC:CC:CC:CCに置き換えてある。

まあ、ここまでではCP…