PostgreSQLのODBCドライバーをバッチファイルで登録する

PostgreSQLにはOLE DBドライバーのFLOSSな64ビット版がないようなので、ODBCを使わざるを得ないように思う。 そうなると、ODBCデータソースを設定しておかないといけない。 開発しているのは、都合があって64ビット版Microsoft Windows 10上でMicrosoft Excelであり、 利用者は64ビットWindows 10上の32ビット版のExcelを使っている。

利用者はスキル的にODBCドライバーの設定など正しくしてもらえそうではないので、バッチファイルを管理者権限で実行してもらう くらいにおさめたい。 64ビットWindows 10上で、32ビットExcelと64ビットExcelのそれぞれ用にODBCデータソースを作成するバッチファイルは以下のようである。

rem 32-bit OS/32-bit Office
C:\Windows\System32\odbcconf.exe /A {CONFIGSYSDSN "PostgreSQL Unicode" "DSN=dsnname|DATABASE=databasename|SERVER=servername|PORT=5432|UID=postgres|PWD=password"}

rem 64-bit OS/64-bit Office:
C:\Windows\System32\odbcconf.exe /A {CONFIGSYSDSN "PostgreSQL Unicode(x64)" "DSN=dsnname|DATABASE=databasename|SERVER=servername|PORT=5432|UID=postgres|PWD=password"}

rem 64-bit OS/32-bit Office:
C:\Windows\SysWOW64\odbcconf.exe /A {CONFIGSYSDSN "PostgreSQL Unicode" "DSN=dsnname|DATABASE=databasename|SERVER=servername|PORT=5432|UID=postgres|PWD=password"}

No comments:

Post a Comment

ケーブルの脱着できるUSB 3.0ハブ

ケーブルを外せないUSBハブは、どうやってもケーブルが断線してしまって長く使い続けられなかった。 J5 create JUH340 は、 ケーブルが外せるので長持ちしている。セルフパワーUSBハブであるのも良い。 日本で売られているものは、3Aと4AのACアダプターの両方の場合...