Microsoft ExcelのVisual Basic for Applicationsで、Excelが32ビットか64ビットか判定する

いまだに、Microsoft Office 2010を使わされているのである。 だからと言う訳ではないが、Visual Basic for Applications (VBA)を使うことがある。 その場合には、OLE DBを使ってデータベースにアクセスして取得したレコードセットを操作することが多い。

そこで問題になるのが、データベースサーバーがPostgreSQLの場合である。 公式のOLE DBライブラリーがWin64用には存在しないのである。 となると、ODBCドライバーをインストールし、バッチファイルでシステムデータソースを設定するしかない。 しかも、32ビットと64ビットでODBCドライバーの名前は異なるので、VBA内で切り替えなくてはいけない。

そういう場合に役立つのが、条件付きコンパイルである。 以下のように、定数Win64が真であるかどうかで判別すれば良い。

#If Win64 Then
  ' 64ビットMS Office用の処理
#else
  ' 32ビットMS Office用の処理
#end if

VBAでは何をするにも面倒なので、JavaScriptでもPythonでも良いので使えるようになって欲しい。

No comments:

Post a Comment

ケーブルの脱着できるUSB 3.0ハブ

ケーブルを外せないUSBハブは、どうやってもケーブルが断線してしまって長く使い続けられなかった。 J5 create JUH340 は、 ケーブルが外せるので長持ちしている。セルフパワーUSBハブであるのも良い。 日本で売られているものは、3Aと4AのACアダプターの両方の場合...