HTMLからWindowsの共有ファイルサーバー上のファイルやフォルダーを開く

Windows上の共有ファイルサーバー上のリソースをHTMLから参照するようなことは、全くお勧めできないことのように思うのだが、 そうしたいという人がいるのも理解はできる。Internet Explorer 11でローカルイントラネットとして認識されている ウェブサイトからは参照可能だった。

以下のように、file://///server/path/to/folder/or/file.suffixのように書けば、 Internet Explorer 11で開くことができた。 ただし、以下のようなHTMLの置いてあるウェブサイトが「ローカル イントラネット」のウェブサーバーとして 設定されている必要がある。 Mozilla FirefoxやGoogle Chromeではウェブサーバー上のHTMLからは開くことはできなかった。 ローカルのファイルシステム上のHTMLを開いた場合には開くことができた。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>UNC link test</title>
</head>
<body>
<p>
<a href="file://///ruthenium/c/ryo/AND9352JP-D.PDF">
LINK to file
</a>
</p>
<p>
<a href="file://///ruthenium/c/ryo">
LINK to folder
</a>
</p>
</body>
</html>
フォルダーを開く方は、Internet ExplorerではWindows Explorerでそのフォルダーが開いたが、 ローカルのHTMLから開いた場合のFirefoxとGoogle Chromeではブラウザー内のファイル参照画面で表示された。

No comments:

Post a Comment

ローカルで大容量・多数のファイルをバックアップしたい場合

ネットワーク経由ではなく、ローカルのハードディスクドライブ間で多数・大容量のファイルをバックアップしたい場合にも、私は rsync を使っている。 途中経過を表示してくれるし、途中で止まってしまった場合にもリカバリーが簡単だろうという意図である。 幸運にも途中で止ま...