Windows 10で利用するバージョンを固定する

Windows 10 1909を使わないといけない場合があり、実際に後日利用する場合にはActive Directoryドメインに参加させるので、 勝手に2004以降にアップデートされることはない訳だが、初期セットアップの中でWindows Updateを実行しておきたい。 そうすると、勝手に2004や20H2にアップデートされてしまうことがある。 私は単にWindows Update経由で配布されるデバイスドライバーを利用したいだけなのだが。

機能更新のブロックやスキップができそうな Windows Update for Business の新ポリシー(from 1803)(追記あり)にあるように、 Windows 10 1803以降では、以下のようにWindowsレジストリーに登録することで1909に固定しておくことができた。

REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersion /t REG_DWORD /d 1 /f
REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersionInfo /t REG_SZ /d 1909 /f

Active Directryドメインに参加したら、これらはWindowsレジストリーから削除しておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Audible (www.audible.co.jp)のオーディオブックをNetBSD/amd64上のFirefox 87.0で再生する

Audible というAmazonのやっているウェブサービスがあって、 当然のようにその音声データはWidevine CDMがないNetBSD/amd64上のFirefoxでは再生できないと思っていたのだが、 実際に試してみると再生できる。 その際、"...