Apple Configurator 2

サポート期間が長いという理由でiPhoneを使っているのだが、Androidと違っていろいろ小回りがきかないので面倒で不便で仕方がない。 と言うことで、Androidのスマートフォンも持たざるを得ないのだが、そうなると本末転倒な気もする。 まあ、Androidなスマートフォンは、特定の用途にしか使わないようにして、iPhoneでほとんどの操作はしているのだが。

iPhoneで細かい設定がメニューからはできないので、Apple Configurator 2を使ってプロファイルを作ったら良いのではないかと考えた。 しかし、私の手元にあるMacは、既にサポートの終了したmacOS High Sierra (10.13.6)のインストールされたMac mini Mid 2011しかない。 Mac mini Mid 2011で利用できる最新のmacOSはHigh Sierraである。 これはiPhone 8 Plus、XR、XS、12の写真を安定して取り出すには十分だが、 Apple Configurator 2は新規インストールはできなかった。少なくともmacOS Catalina (10.15)である必要があるとのメッセージが表示された。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Windows 10で、スタートアップディレクトリーを開く

Windows 10にはスタートアップディレクトリーがあって、ログインすると、ここに入っているショートカット等が自動的に開かれる。 このフォルダーを開く方法を忘れないように書いておく。 スタートアップが自分のユーザー用と、全ユーザーに適用されるものの2つがある。...