pkgsrc/pkgtools/libkverを使って、chroot環境のunameを偽る方法

pkgsrc/pkgtools/libkverを使うと、uname -r等を偽ることができる。
これによって、unameの情報を使うプログラムをだまして実行することができる。

pkgsrcのbinary packagesは、uname -sやuname -rを埋め込んでいる。
例えばNetBSD/amd64 current上でchroot環境を用意し、
NetBSD/amd64 6.1用のbinary packagesを作る場合に、libkverを使うことで
他のマシンでpkg_addが可能なbinary packageとすることができる。

こうしないと、NetBSD 6用のlibraryにリンクしているのに、
binary packageとしては、7.99.*用の情報が埋め込まれていて、
pkg_addしにくいbinary packageになってしまう。
また、pkgsrcのMakefileはunameの結果を使って条件分岐する箇所
があるので、buildに失敗するpackagesもあるはずである。

pkgsrc/pkgtools/libkverを使う場合については、

http://comments.gmane.org/gmane.os.netbsd.devel.packages/13587

にあるような手順が書かれているが、手作業でchroot環境を起動させる
場合については、若干分かりにくいように感じたので、手順を書いておく。
ちなみに、pkgsrc/sysutils/sudoを使っていないのは、sudoがLD_*という
環境変数を切り替え先の実行ユーザーに渡さない仕様であるからである。
先にsu(1)でrootになっておく。

(1) chroot環境の外側でlibkverをinstallする。

# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/libkver
# make install
# make clean


(2) chrootに一度入り、chroot環境の内側でもlibkverをinstallする。

# chroot /usr/tmp/chroot/netbsd-6/root /bin/ksh
# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/libkver
# make install
# make clean
# exit


(3) libkverを使ってchroot環境に入り直す。
ここでは、NetBSD/amd64 7.99.5上で、NetBSD/amd64 6.1に偽る場合を示す。

# kver -r 6.1 chroot /usr/tmp/chroot/netbsd-6/root /bin/ksh
# uname -r
6.1
# uname -a
NetBSD angelcake.elements.tetera.org 6.1 NetBSD 6.1 (LIBKVER) #0: Tue Jan 19 00:00:00 UTC 2038 root@localhost:/sys/arch/amd64/compile/LIBKVER amd64

コメント

このブログの人気の投稿

#5000へCメールを送れないau端末でezweb.ne.jpの電子メールアドレスをIMAP4/SMTPで扱う方法

Vaio Pro 11/13用のサードパーティーのACアダプター

Windows 7 Professional用のNFSクライアントを使う (NFS 4.1のみ)