#5000へCメールを送れないau端末でezweb.ne.jpの電子メールアドレスをIMAP4/SMTPで扱う方法

## はじめに

前に、電話番号#5000にCメールを送れるau端末を持っている場合の、ezweb.ne.jpドメインの電子メールをIMAP4/SMTPで扱う方法を書いたのだが、手元にもう一台あるW61CAは、#5000へはCメールを送信できない。
その場合の方法を模索して、可能になったので書いておく。
W61CA以外にも、Androidな端末でも#5000へCメールを送れない機種は存在するようなので、最近の機種の場合には役立つかもしれない。
ちなみに、#5000へ送信できた端末は、W64Kであった。

過去の記事とは、
http://blog.onodera.asia/2014/12/auezwebnejpmew.html
を指す。

## IMAP4/SMTP用のユーザーIDとパスワードの入手

(1) まずは、au IDに登録する。これによって、標準的には電話番号のユーザーIDのアカウントが作成される。ここで、パスワードを登録しないことも選択できるのだが、パスワードを設定しておく。
これは標準的にはフィーチャーフォン(W61CA)のEZwebなブラウザーの上で行うことになる。

(2) ついでに、ウェブメールのサービス登録をする。
これをしないと以下の設定ができないことはないと思うが、私の場合はここでしてしまった。これについては、公式な情報がちゃんとあるので、説明は割愛する。

(3) フィーチャーフォンから、au.NETに接続する。これは過去の記事で、NetBSDの場合を書いているので、その通りに実施すれば良い。

(4) au.NETの回線で、iPhoneのuser agentを偽装したFirefoxを使い、https://set.mail.ezweb.ne.jp/md/signin を開く。これについても、方法は基本的には前の記事に書いた通りである。
au IDとパスワードを入力する。
すると、#5000にCメールを送り返信されて来たURLにアクセスしたのと同じウェブページへ行くことができる。
ここで、電話番号0002001003からMMSメールアドレスの通知をするCメールが送信されて来る。

(5) 手動設定のリンクから、設定情報送信リンクのある画面へ行き、そのリンクにアクセスする。そうすると、電話番号0002001003からIMAP4/SMTP用のユーザーIDとパスワードがCメールで送信されて来る。

(6) 適当なMUAにそれらを設定する。過去の記事にmewに設定した場合を書いた。

(7) 電話番号00090015へ本文1234なCメールを送信する。

## まとめ
電話番号#5000にCメールを送れないau端末の場合でも、au.NETの回線でウェブアクセスでき、user agentを偽装できる環境があれば、IMAP4/SMTPのユーザーIDとパスワードを入手することができる。この方法をとっても、特にezweb.ne.jpな電子メールアドレスへの電子メールのフィーチャーフォンへの到着通知に影響はなかった。

コメント

このブログの人気の投稿

Vaio Pro 11/13用のサードパーティーのACアダプター

Windows 7 Professional用のNFSクライアントを使う (NFS 4.1のみ)