.asiaドメインのWHOIS Privacyサービス

.asiaドメインは、WHOIS Privacy (お名前.comで言うWhois情報公開代行サービスは 利用できないものと思っていたのだが、少なくとも現在はWHOIS Privacyサービスを使っても良いらしい。

DotAsia OrganisationのFAQページによると、.ASIA General FAQ for Registrars and Resellers の部分に、以下のように書かれていて、.asiaとしては提供しないが登録事業者が提供するのであれば利用できるらしい。

Does .Asia registry allow WHOIS Privacy?

While this is not a service we offer at the Registry level, a number of .Asia Accredited Registrars offer domain privacy or WHOIS privacy for Registrants. WHOIS Privacy is accepted by the Registry.

お名前.comは.asiaのドメイン名にはWhois情報公開代行を提供していないし、 Value Domainも以下のようで自由にはできない

レジストラGMOは代行不可。レジストラeNom/KeySystemsは、WHOIS代行は可能ですが、登録後に登録者情報の変更ができません。

結局、Namecheap.comが安いしWHOIS Privacy (Domain privacy protection)も無料で利用可能 だったので、移管することにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD上のFirefox 124.0.1で、ClearKey EMEの動作確認をする

pkgsrc/www/firefoxをbuildした後に確認している事項として、ClearKey EMEを利用できるか試している。 以下の2つで、映像と音声が再生できれば問題ないはずと思っている。 dash.jsのClearkey DRM instantiati...