Windows 10 1909で、IPv6が有効な時に、IPv4のDNSを優先する

自宅のネットワークでは、IPv4でしかDNSサーバーを運用していない。これは、ISC DHCPDとBINDを組み合わせて 動的にホスト名を割り当てるようにしている。 IPv6は、IPoEな接続をそのまま使っているので、IPoE接続側は自宅外のDNSサーバーを配って来る。 こういう環境では、Windows 10 1909は、IPv6の自宅外のDNSサーバーを優先して使ってしまうため、 自宅内の動的に割り当てたホスト名で他のマシンにアクセスできない。 IPv6のDNSサーバーに以下のように手動登録すれば、IPv4のDNSサーバーを優先できる。

ffff::192.168.0.1

No comments:

Post a Comment

MetabaseでMetabase自身のバックエンドデータベースをPostgreSQLにする

Metabaseを java -jar metabase.jar で実行すると、特に設定していなければH2データベースがバックエンドとして利用される。 環境変数に指定した上で起動すれば、PostgreSQLも利用できる 。 export MB_DB_TYPE=pos...