DragonFly BSD 4.8.1のリリース

すっかり前になってしまったが、2017年8月2日にDragonFly BSD 4.8.1がリリースされていた。 まだ手元で動かしてはいないのだが、変更点のうち気になったものを書いておく。 http://lists.dragonflybsd.org/pipermail/commits/2017-August/626150.htmlの抜粋である。

  • i915向けのDRMKMSサポートが、Linux 4.7.10ベースになった
  • カーネルにNXビットサポートが追加された
  • PTHREAD_STACK_MINの値が変更された
  • ワールドとカーネルが確実にCロケールでビルドされるようになった
  • FreeBSDからvirtio_scsi(4)デバイスドライバーが移植された
  • em(4)デバイスドライバーで、MSIがデフォルトで有効になった

Linux 4.7.10ベースのDRMKMSサポートはうらやましい。

No comments:

Post a Comment

Windows 10 2004で接続しているWi-Fiの周波数帯を確認する

2.4 GHz帯のWi-Fiが使いものにならない環境にいることが多いのだが、 デバイスドライバーの方で5 GHz帯を優先して使っているので、自分自身は問題にならないことが多い。 しかし、2.4 GHz帯を使っているかどうか確認したい状況は存在する。 Window...