MetabaseでMetabase自身のバックエンドデータベースをPostgreSQLにする

Metabaseをjava -jar metabase.jarで実行すると、特に設定していなければH2データベースがバックエンドとして利用される。 環境変数に指定した上で起動すれば、PostgreSQLも利用できる

export MB_DB_TYPE=postgres
export MB_DB_DBNAME=metabase
export MB_DB_PORT=5432
export MB_DB_USER=metabase_user
export MB_DB_PASS=metabase_password
export MB_DB_HOST=localhost
java -jar metabase.jar

ここで利用するユーザーとデータベースは以下のように用意しておく。 初回起動時にテーブルの作成等は自動的に実施されるので、ユーザーとパスワード、データベースの作成だけしておけば良い。

$ sudo -u pgsql /usr/pkg/bin/createuser metabase_user
$ sudo -u pgsql /usr/pkg/bin/createdb metabase
$ sudo -u pgsql psql -U metabase_user -d metabase
metabase=> alter user metabase_user with password 'metabase_password';
ALTER ROLE
\q

0 件のコメント:

コメントを投稿

「星宝転生ジュエルセイバー」の素材を利用する場合について考えてみた

「星宝転生ジュエルセイバー」というスマートフォン向けのゲームがあって、そのサービス終了時に 利用規約 にあるような条件で、 二次利用ができることになっている。 とは言っても、 jewel-s.jp というドメインは、既に元の所有者である株式会社ブリリアントサービスの...