RISC OSがApache License Version 2.0になったので

RISC OSがApache License 2.0で公開される と言うニュースを見ていたのだが、具体的にどういう風に変更されたのか把握していなかった。 RISC OSのソースコードはCVSで管理されているのだが、 castleというディレクトリー がapacheというディレクトリーに改名されて、 LICENSEというファイルでApache License Version 2.0が 置かれるようになった。各ソースファイルにもApache License Version 2.0の 適用される旨のヘッダーが含まれるようになったのだが、 どうやらそれはCVSのリポジトリーを直接編集したように見える。

Comments

Popular posts from this blog

NetBSD/amd64-currentをAmazon Web Service EC2 c5インスタンスで動かしてみる

PostgreSQLのOracle Foreign Data WrapperをWindowsで使う

Oracle OLEDB Provider Version 12.2.0.1.0 for Windows x86をインストールする際のエラー