Windows Certificate Storeのエクスポート不可に設定されたクライアント証明書をFirefox for Windowsから使う

Internet Explorerを使う前提のウェブサイトを使っている。 そこには、アクセスするのにクライアント証明書を必要とする部分が存在している。 そして、そのクライアント証明書はエクスポート可能ではないので、 Internet ExplorerやGoogle Chrome、Microsoft Edge (EdgeHTML)でしか使えない と思っていた。

少なくとも、Firefox 75.0 for Windowsでは security.osclientcerts.autoloadtrueにすると、 そのようなクライアント証明書も利用することができた。 これは、標準ではfalseになっていた。

これでやっとGoogle Chromeから開放される。

No comments:

Post a Comment

源泉徴収税額の納付届出書をe-Taxで提出する

源泉徴収税額の納付届出書をWindows用のe-Taxソフト(国税電子申告・納税システム利用者ソフトウェア)で提出する場合の操作が分かりにくかったので書いておく。 追加インストールで、「申請」の「納税関係」をインストールする。「源泉所得税」ではないので注意が必要。 「作成」メニュ...