地方自治体の利用するgo.jpドメイン

しばらく前に、tokyo-eiken.go.jpという東京都健康安全研究センターのドメインが、地方自治体の組織なのにgo.jpドメインを 使っているのが話題になっていたように思う。whoisで見ると、今も有効ではあるようだ。

$ whois tokyo-eiken.go.jp
[ JPRS database provides information on network administration. Its use is    ]
[ restricted to network administration purposes. For further information,     ]
[ use 'whois -h whois.jprs.jp help'. To suppress Japanese output, add'/e'     ]
[ at the end of command, e.g. 'whois -h whois.jprs.jp xxx/e'.                 ]

Domain Information: [ドメイン情報]
a. [ドメイン名]                 TOKYO-EIKEN.GO.JP
e. [そしきめい]                 とうきょうとけんこうあんぜんけんきゅうせんたー
f. [組織名]                     東京都健康安全研究センター
g. [Organization]               Tokyo Metropolitan Public Health Research Institute
k. [組織種別]                   地方公共団体(東京都健康局の組織)
l. [Organization Type]          Local Government
m. [登録担当者]                 NK036JP
n. [技術連絡担当者]             NK036JP
p. [ネームサーバ]               dns-x.sinet.ad.jp
p. [ネームサーバ]               ns.tokyo-eiken.go.jp
s. [署名鍵]
[状態]                          Connected (2022/09/30)
[登録年月日]                    1994/09/22
[接続年月日]                    1994/11/24
[最終更新]                      2021/10/01 01:03:01 (JST)

同じように、kmt-iri.go.jpという熊本県産業技術センターのドメインが地方自治体の組織でgo.jpドメインを 利用している。

$ whois kmt-iri.go.jp
[ JPRS database provides information on network administration. Its use is    ]
[ restricted to network administration purposes. For further information,     ]
[ use 'whois -h whois.jprs.jp help'. To suppress Japanese output, add'/e'     ]
[ at the end of command, e.g. 'whois -h whois.jprs.jp xxx/e'.                 ]

Domain Information: [ドメイン情報]
a. [ドメイン名]                 KMT-IRI.GO.JP
e. [そしきめい]                 くまもとけんさんぎょうぎじゅつせんたー
f. [組織名]                     熊本県産業技術センター
g. [Organization]               Kumamoto Industrial Research Institute
k. [組織種別]                   地方公共団体の下部組織
l. [Organization Type]          Local Public Organization
m. [登録担当者]                 SK22472JP
n. [技術連絡担当者]             SK22472JP
p. [ネームサーバ]               amakusa.kmt-iri.go.jp
p. [ネームサーバ]               kumamoto.kmt-iri.go.jp
p. [ネームサーバ]               dns-x.sinet.ad.jp
s. [署名鍵]
[状態]                          Connected (2022/03/31)
[登録年月日]
[接続年月日]                    2018/11/15
[最終更新]                      2021/04/01 01:06:26 (JST)

組織種別に統一感がないのが気になるが、特殊な例なので仕方がないのだろうか。

Mac miniにWindows用キーボードを接続してmacOSをインターネットリカバリーする

iPhoneの写真をWindows PCにUSB-Lightningケーブルで接続すると、MTPでファイル転送できるのだが、 非常に不安定で、少しまとめて写真を転送しようとすると、すぐにデバイスエラーになってしまう。 iPhoneがMTP経由でWindows PCに見せるファイル形式をネイティブにしてもエラーは同じくらいの頻度で発生するので、 Windows PCにはまともに転送はできないのだろうと思っている。

既にサポートが終了している古いMac miniしかないのだが、そのmac OS High SierraでもiPhone 12から写真は 安定して転送できた。 やはり、iPhoneの写真を安定して取り出すには、macOSが必要だということなんだろう。 深く追求する価値がある問題であるとも思えないので、このMac miniを使えば良いということにしよう。

さて、当然Apple製のキーボードなど持っていないので、Windows用のキーボードをつないで macOSをインターネットリカバリーをしないといけない。 その際には、macOS を再インストールする方法 - その他の macOS のインストールオプション にあるように、optionキー+commandキー+Rキー電源を投入しないといけない。 でも、当然だが、Windows用のキーボードには、optionキーもcommandキーもないのである。 どうやら、commandキーはWindowsキーになり、optionキーはAltキーになるようだ。 なので、Windowsキー+Altキー+Rキーを同時に押して電源を投入すると、最新のmacOSをインターネットリカバリーできた。

Windows 10でコマンドラインでユーザーを追加する

非常に不便なWindowsのみの環境で作業することがあるのだが、 その環境にあるActive Directoryで管理されたWindows 10 20H2の端末では、 管理者権限があっても、 コントロールパネル→ユーザーアカウント→ユーザーアカウント管理の画面では、 ローカルユーザーを削除はできても追加はできない。 おそらく、グループポリシーか何かで制限しているのだろう。

全てのドメインユーザーに管理者権限はあるので、 全てのローカルユーザーを削除してしまうと、メンテナンスをするのが難しくなって しまうことを理解していないユーザーでも、 ローカルユーザーを意図せず削除してしまうことができてしまう。 でも、GUIではユーザー追加はできないので、コマンドラインで試みたところ、 追加できたので、書いておく。

「コマンドプロンプト」を「管理者として実行」として実行した上で、 以下のように実行すれば良い。 今回の環境では、追加したユーザーの権限はGUIで変更できるので、 ここでは考えていない。

> net user owner ownerspassword /ADD

Windows 10のnslookupコマンドでDNSのMXレコードを参照する

Windowsには、少なくとも標準ではdigコマンドやhostコマンドはなく、nslookupコマンドしかない。 NetBSDにもBINDに付属するnslookupコマンドはあるのだが、最近は使うことはあまりない。

そのWindows用のnslookupコマンドも、BINDのものと同様に、レコードのタイプを 指定して参照できる。少なくともレコードのタイプを指定するという意味では、 Windows 10 20H2のnslookupコマンドは、BINDのものと同じように使えた。

Windows 10の場合

>nslookup -type=MX google.com
サーバー:  UnKnown
Address:  10.123.123.123

権限のない回答:
google.com      MX preference = 30, mail exchanger = alt2.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 40, mail exchanger = alt3.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 50, mail exchanger = alt4.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 20, mail exchanger = alt1.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 10, mail exchanger = aspmx.l.google.com

alt2.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.115.26
alt2.aspmx.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4023:1004::1b
alt3.aspmx.l.google.com internet address = 64.233.171.26
alt3.aspmx.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4003:c15::1a
alt1.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.141.26
alt1.aspmx.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4023:c0b::1a
aspmx.l.google.com      internet address = 108.177.97.26
aspmx.l.google.com      AAAA IPv6 address = 2404:6800:4008:c15::1a

NetBSD 9.99.92の場合

$ nslookup -type=MX google.com
Server:         10.234.234.234
Address:        10.234.234.234#53

Non-authoritative answer:
google.com      mail exchanger = 30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 50 alt4.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 10 aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 20 alt1.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 40 alt3.aspmx.l.google.com.

Authoritative answers can be found from:
alt4.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.152.27
aspmx.l.google.com      internet address = 108.177.97.26
aspmx.l.google.com      has AAAA address 2404:6800:4008:c13::1a
alt1.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.141.27
alt1.aspmx.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4023:c0b::1b
alt3.aspmx.l.google.com internet address = 64.233.171.27
alt3.aspmx.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4003:c15::1a
alt2.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.115.26

nslookupコマンドでインタラクティブにクエリーを発行する場合にも、 WindowsとBINDで設定方法は同じだった。

Windows 10の場合

>nslookup
既定のサーバー:  UnKnown
Address:  10.123.123.123

> set type=MX
> google.com
サーバー:  UnKnown
Address:  10.123.123.123

権限のない回答:
google.com      MX preference = 40, mail exchanger = alt3.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 50, mail exchanger = alt4.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 20, mail exchanger = alt1.aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 10, mail exchanger = aspmx.l.google.com
google.com      MX preference = 30, mail exchanger = alt2.aspmx.l.google.com

alt3.aspmx.l.google.com internet address = 64.233.171.27
alt3.aspmx.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4003:c15::1a
aspmx.l.google.com      internet address = 108.177.97.26
alt2.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.115.26
> gmail.com
サーバー:  UnKnown
Address:  10.123.123.123

権限のない回答:
gmail.com       MX preference = 30, mail exchanger = alt3.gmail-smtp-in.l.google.com
gmail.com       MX preference = 5, mail exchanger = gmail-smtp-in.l.google.com
gmail.com       MX preference = 10, mail exchanger = alt1.gmail-smtp-in.l.google.com
gmail.com       MX preference = 40, mail exchanger = alt4.gmail-smtp-in.l.google.com
gmail.com       MX preference = 20, mail exchanger = alt2.gmail-smtp-in.l.google.com

alt3.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 64.233.171.26
alt3.gmail-smtp-in.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4003:c15::1a
gmail-smtp-in.l.google.com      internet address = 108.177.125.26
gmail-smtp-in.l.google.com      AAAA IPv6 address = 2404:6800:4008:c01::1a
alt1.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.141.26
alt1.gmail-smtp-in.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4023:c0b::1b
alt4.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.152.26
alt4.gmail-smtp-in.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4001:c56::1a
alt2.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.115.26
alt2.gmail-smtp-in.l.google.com AAAA IPv6 address = 2607:f8b0:4023:1004::1a

NetBSD 9.99.92の場合

$ nslookup
> set type=MX
> google.com
Server:         10.234.234.234
Address:        10.234.234.234#53

Non-authoritative answer:
google.com      mail exchanger = 40 alt3.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 50 alt4.aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 10 aspmx.l.google.com.
google.com      mail exchanger = 20 alt1.aspmx.l.google.com.

Authoritative answers can be found from:
alt4.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.152.27
aspmx.l.google.com      internet address = 142.250.157.26
alt1.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.141.26
alt3.aspmx.l.google.com internet address = 64.233.171.26
alt2.aspmx.l.google.com internet address = 142.250.115.27
> gmail.com
Server:         10.234.234.234
Address:        10.234.234.234#53

Non-authoritative answer:
gmail.com       mail exchanger = 30 alt3.gmail-smtp-in.l.google.com.
gmail.com       mail exchanger = 20 alt2.gmail-smtp-in.l.google.com.
gmail.com       mail exchanger = 40 alt4.gmail-smtp-in.l.google.com.
gmail.com       mail exchanger = 10 alt1.gmail-smtp-in.l.google.com.
gmail.com       mail exchanger = 5 gmail-smtp-in.l.google.com.

Authoritative answers can be found from:
alt1.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.141.27
alt1.gmail-smtp-in.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4023:c0b::1b
gmail-smtp-in.l.google.com      internet address = 108.177.97.27
gmail-smtp-in.l.google.com      has AAAA address 2404:6800:4008:c00::1a
alt3.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 64.233.171.26
alt3.gmail-smtp-in.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4003:c15::1b
alt2.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.115.27
alt2.gmail-smtp-in.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4023:1004::1b
alt4.gmail-smtp-in.l.google.com internet address = 142.250.152.27
alt4.gmail-smtp-in.l.google.com has AAAA address 2607:f8b0:4001:c56::1a

Android 8.0なスマートフォンでGoogleアカウントにログインできない問題を解消させる

Android 8.0をインストールしてあるスマートフォンをファクトリーリセットして保管してあった。 これを再度利用しようとしたがGoogleアカウントにログインすることができなかった。 何らかの方法でログインしようとすると、Google Play開発者サービスの画...