Arvel USBシリアルケーブルSRC06-USBをWindows 10 x86_64で使う

Arvel SRC06-USB USBシリアルケーブルというUSBシリアル変換器を持っている。 これにはFDTI製のUSBシリアル変換チップをい利用していて、USB VendorID/ProductID=0x0403/0x6001として認識される。 Arvelを買収したBuffaloのウェブサイトでは、Windows 10用のデバイスドライバーは提供されていないようだ。 Windows 7までのデバイスドライバーは、https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60914で配布されている。

FTDIのウェブサイトに行くと、2022年6月21日現在、Windows 7から11用のVCPとD2XXの両方のデバイスドライバーのインストーラーhttps://ftdichip.com/wp-content/uploads/2021/08/CDM212364_Setup.zipが配布されていた。 このインストーラーを使うと、USB Serial Port (COM3)として認識され、無事に利用できた。COM3の部分は環境によって違うと思われる。

O’Reilly learning platformに日本語の書籍が収録されるようになっていた

O’Reilly learning platformというのがあって、かつてはSafari Books Onlineと呼ばれていたものなのだが、 コンピューターに関する技術書が中心だったのだが、旅行のガイドブックや自己啓発書など今はいろいろ分野の本も含まれている。 昨年くらいには、英語の本以外には、韓国語や中国語の本がいくつかあるだけだったのだが、最近はオライリージャパンの出版する日本語の本も収録されるようになってる。 2021年に刊行されたプログラミングC# 第8版や 2012年に刊行されたリーダブルコード――より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニックなど100冊以上が 収録されている。

Content Decryption Module (CDM)の種類

Encrypted Media Extensions (EME)から利用するContent Decryption Module (CDM)の種類を調べてみた。

この程度がCDMとして利用されているようだ。

バンクペーパーを利用したLIFE WRITING PAPER

三菱製紙のバンクペーパーを利用した ライフ ライティングペーパー A5 T35を使っている。 書いた感触は非常に良いのだが、透しが入っているので、スキャンする予定の絵を書くには向かないような気がする。 製紙会社の透しなど入れる必要はないような気がするが、なぜ入れているのだろうか。

Windows 10で全ての属性のファイルとディレクトリーを再帰的に表示する

Windows 10のdirコマンドで、全ての属性のファイルとディレクトリーを再帰的に表示するには以下のように実行すれば良かった。

> dir /a /s

Google Bloggerの独自ドメイン利用時のTLS/SSL証明書の発行者が変わっていた

このブログはGoogleのBloggerを使っていて、blog.onodera.asiaという独自ドメインを 設定していて、それに対してHTTPSでのアクセスを有効にしている。 独自ドメインでHTTPSを有効化した際のTLS/SSL証明書は、Turn on HTTPS for your blogに2022-03-20時点で、

Important: If you use CAA Records on your custom domain, add a record for letsencrypt.org, or Blogger won't create or renew your SSL certificate.

と記載のあるように、Let's Encryptの発行する電子証明書を使っていた記憶がある。

しかし、2022-03-20現在ではGoogle Trust Services LLCのGTS CA 1D4という中間CAの発行する3カ月間有効なDomain Validationな 電子証明書に切り替わっている。 Fri, 18 Feb 2022 09:11:14 GMTが開始日になっているので、少なくとも2022-02-18の時点ではLet's Encryptを利用しないように なっていたようだ。

Amazon Fire 7でUSB接続のキーボードとマウスを使う

使おうと思って使えていないWindows 10のインストールされたタブレットPCのために、USB micro-BなOTGケーブルを持っている。 Amazon Fire 7 (第5世代と第9世代)でキーボードでアルファベットを入力できると助かる用途があった。

まず第9世代だが、US配列なMajestouch Convertible 2というキーボードをつないでみると、正常に入力できた。 ついでにマウスも使えるのかとLogicool G304というマウスをつないでみたところ、マウスカーソルが表示され、正常に操作できた。 セルフパワーなUSBハブを使ってキーボードとマウスの両方を同時に使うことも可能だった。

第5世代の方は、Fire 7が供給する電力が不足しているようで、キーボードもマウスも使えなかった。OTGケーブルには給電する端子もあるので、 5V1Aを給電したところ、キーボードもマウスも正常に認識され使用できた。 セルフパワーなUSBハブを使って両方を同時に使うこともできた。

まあ、Androidなので基本的には使えて当然なのだろうが。

Arvel USBシリアルケーブルSRC06-USBをWindows 10 x86_64で使う

Arvel SRC06-USB USBシリアルケーブルというUSBシリアル変換器を持っている。 これにはFDTI製のUSBシリアル変換チップをい利用していて、USB VendorID/ProductID=0x0403/0x6001として認識される。 Arvelを買収...