modular X.orgなNetBSDマシンからssh -Yで接続して、X11 forwardingする場合

NetBSDのxsrcのfontconfigが新しくならないので、最近は、X11_TYPE=modularでpkgsrcを使っている。つまり、pkgsrcからX.orgをインストールしている。 そうやって生活していく中で、自分のNetBSDマシンのX serverにリモートマシンのXアプリケーションのウィンドウを表示させようとした場合に、 これまでやったことのない設定が必要だったので書いておく。

そもそもOpenSSHというのはいやに奥が深くて、全く分かったような気にならない。 よくあるX11フォワーディングの際の設定というのは、リモートマシンがmodular X.orgの/etc/ssh/sshd_configに以下のように記述することである。


X11Forwarding yes
XAuthLocation /usr/pkg/bin/xauth

今回問題になったのは、X server側、つまり手元のマシンの設定である。リモートマシンをmodular X.orgにしたことは何度もあったのだが、手元のマシンをmodular X.orgにしたのは 経験がなかった。

このような場合には、手元のマシンの/etc/ssh/ssh_configファイルに以下のような設定が必要になる。


XAuthLocation /usr/pkg/bin/xauth

こうしないと、ssh -Yvvv remotehostnameを実行した場合に、以下のような表示になってしまう。


debug1: No xauth program.
Warning: No xauth data; using fake authentication data for X11 forwarding.
debug1: Requesting X11 forwarding with authentication spoofing.
そして、

$ echo $DISPLAY
localhost:11.0
のように表示されているのに、

$ xhost
Invalid MIT-MAGIC-COOKIE-1 keyxhost:  unable to open display "localhost:11.0"
のように表示されてしまう。

NetBSD/amiga-current on WinUAE Amiga m68k emulator

この記事は、 NetBSD Advent Calendar 2019 の10日目の記事です。 はじめに ウェブを検索してみると、NetBSD/amigaをWinUAEというm68kを搭載したAmigaというマシンでNetBSD/amigaを動かした記録が見付かります。...