Bose Noise Cancelling Headphones 700 UCを購入した

Jabra Move WirelessというBluetoothヘッドセットを使っていたのだが、電池の持ちが著しく悪くなって来たし、 音質もSBCしかサポートしていないようで、良いような気はしない。 しかし、ヘッドセットとしては、HD Voiceに対応していて、最低限の性能は持っている。

一度、ノイズキャンセリング機能を体験してみたかったので、 Bose Noise Cancelling Headphones 700 UCを購入してみた。 ここで、UCというのは、Creative BT-W3のようなBluetoothオーディオアダプターが付属しているということを示している。

Bluetoothと独自の2.4GHz通信の両方をサポートしているヘッドセットを探していたのだが、Bose Noise Cancelling Headphones 700 UCはそれに近いかもしれない。 だが、Creative BT-W3と比較して特にHands-free profileでの通話の場合にどうなのか分かっていない。 Bluetooth接続の場合、HD Voiceには対応しているようだ。

ノイズキャンセリングは非常に有用で、既にこれなしで音を聞くのはないような気がしている。ちなみに、Android相手のA2DPの場合にはAACが利用されるようだ。 NetBSD/amd64 10.99.2でも付属のBluetoothオーディオアダプターは正常に利用できる。

pkgsrc/multimedia/mplayerで、/dev/audio以外で音を再生する

NetBSDで、pkgsrc/multimedia/mplayerで音を再生するのに、複数あるデバイスから1つを指定したい。 オーディオバックエンドはOSSとする。OSSはLinuxでは既に廃れているようなので、ウェブ上ではほぼ例は見つからない。 以下のようにすると/dev/audio2で音を再生できた。

$ mplayer -ao oss:/dev/audio2 test.mkv

ちなみに、sunバックエンドもNetBSDで利用できる。この場合の設定はOSS同様で以下のようにすれば良かった。

$ mplayer -ao sun:/dev/audio2 test.mkv

pdftocairoで、PDFファイルをJPEGやPNGファイルに変換する

PDFファイルをJPEGファイルにするには、GhostScriptを利用するというのが古くからの方法だと思うのだが、 分かりにくかった記憶があるし、満足した結果が得られたこともなかったような気がする。 GhostScriptをちゃんと理解していないからだろう。 だが、PDFファイルの1ページを1つのJPEGファイルやPDFファイルにしたい場合は存在する。 Popplerはcairoを使っていて、 その一部であるpdftocairoコマンドを使うと、簡単に満足できる品質のJPEGファイルやPNGファイルを得ることができた。 pkgsrcだと、print/poppler-utilsパッケージに含まれている。

HP Envy 13-ay1052AU x360のブート時のメニュー選択

ほぼMaintenance and Service Guideに書かれているのだが、 すぐに分からなくなってしまうので、書き留めておく。

F2
Startup CHeckということで、診断メニューを表示する。HP PC Diagnostics UEFIがHP_TOOLSというディスクラベルのドライブに用意してあれば、リッチな診断を実施できる。
F9
Change Boot Orderということで、一時的に起動デバイス等を選択する画面を表示する。
F10
BIOS Setup Optionsということで、BIOS設定画面を表示する。
F12
Network Bootということで、PXE bootができるようだ。試していない。

ESCキーを押せば、メニューが表示されるので、細かく覚えておく必要はないかもしれない。

Asterisk 16で、内線端末間で番号通知をする

ここまでで、複数のソフトフォンで発着信できるようになっているのだが、内線番号を相互に通知することはできていなかった。 どういう方法が一番適切であるか良く分からないのだが、pjsip.confiax.confで指定すれば 内線番号を相互に通知することはできた。

pjsip.confの場合には、以下のようにした。endpointの設定でcalleridを追加している。

; 内線: baresip+
[fire8]
type = aor
max_contacts = 1
qualify_frequency = 60
remove_existing = yes

[fire8]
type = auth
auth_type = userpass
username = fire8
password = password

[fire8]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
disallow = all
allow = ilbc,ulaw,alaw,gsm,g729,g723
aors = fire8
auth = fire8
;outbound_auth = fire8
dtmf_mode = rfc4733
force_rport = yes
ice_support = no
rtp_symmetric = yes
direct_media = no
rewrite_contact = yes
device_state_busy_at = 1
callerid="104" <104>

iax.confも似たような設定で、calleridを追加した。

[general]
match_auth_username=yes
iaxcompact=yes
allow=all

; 電話機との接続
[user1] ; Android smartphone
type=friend
username=user1
secret=password1
context=default
canreinvite=no
host=dynamic
qualify=no
callerid="101" <101>

[ryoonwinpc] ; Zoiper for Windows
type=friend
username=user2
secret=password2
context=default
canreinvite=no
host=dynamic
qualify=no
callerid="103" <103>

Asterisk 16に収容したFusion IP-Phone SMARTの2回線への接続に、PJSIPを利用する

Asteriskとソフトフォンの間の通信をchan_sipからPJSIPに変更したのだが、 AsteriskとFusion IP-Phone SMART 2回線分の通信はchan_sipのままだった。 これもPJSIPにして問題ないはずなので、変更してみた。

まずは、sip.confに相当する内容をpjsip.confに移植する。 現在のsip.confの内容は以下のようになっている。

[general]
match_auth_username=yes ; 同じsmart.0038.netに複数のアカウントを持っているので。
; 外線着信のため
register => 5XXXXXXX:password1@fusion1/5XXXXXXX
register => 5YYYYYYY:password2@fusion2/5YYYYYYY

; 外線
[fusion1]
type=friend
username=5XXXXXXX
fromuser=5XXXXXXX
secret=password1
host=smart.0038.net
fromdomain=smart.0038.net
context=default
insecure=port,invite
canreinvite=no
dtmfmode=inband
qualify=yes
allow=!all,ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
allowguest=no
host=dynamic

[fusion2]
type=friend
username=5YYYYYYY
fromuser=5YYYYYYY
secret=password2
host=smart.0038.net
fromdomain=smart.0038.net
context=default
insecure=port,invite
canreinvite=no
dtmfmode=inband
qualify=yes
allow=!all,ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
allowguest=no
host=dynamic

これをpjsip.confに移植して行く。 まずは変更点を示す。

@@ -1,8 +1,16 @@
+[general]
+match_auth_username = yes
+
+[system]
+type = system
+disable_rport = yes
+
 [transport-udp]
 type = transport
 protocol = udp
-bind = 0.0.0.0:5070 ; 5060 portはchan_sipと競合する。
+bind = 0.0.0.0

+; 外線: ひかり電話
 [hikari-denwa]
 type = registration
 transport = transport-udp
@@ -19,7 +27,7 @@ password = 0003_password

 [hikari-trunk]
 type = aor
-contact = sip:10.81.0.1
+contact = sip:3@10.81.0.1

 [hikari-trunk]
 type = endpoint

@@ -38,3 +46,81 @@ dtmf_mode = inband
 type = identify
 endpoint = hikari-trunk
 match = 10.81.0.1
+
+
+
+; 外線: Fusion SMART IP 1
+[fusion1]
+type = registration
+transport = transport-udp
+outbound_auth = fusion1
+server_uri = sip:smart.0038.net
+client_uri = sip:5XXXXXXX@smart.0038.net
+retry_interval = 0
+auth_rejection_permanent = no
+
+[fusion1]
+type = auth
+auth_type = userpass
+username = 5XXXXXXX
+password = password1
+
+[fusion1]
+type = aor
+contact = sip:5XXXXXXX@smart.0038.net
+qualify_frequency = 5
+
+[fusion1]
+type = endpoint
+transport = transport-udp
+context = default
+from_user = 5XXXXXXX
+from_domain = smart.0038.net
+outbound_auth = fusion1
+disallow = all
+allow = ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
+aors = fusion1
+
+[fusion1]
+type = identify
+match = 61.213.230.153 ; IPアドレス
+endpoint = fusion1
+
+
+
+; 外線: Fusion SMART IP 2
+[fusion2]
+type = registration
+transport = transport-udp
+outbound_auth = fusion2
+server_uri = sip:smart.0038.net
+client_uri = sip:5YYYYYYY@smart.0038.net
+retry_interval = 0
+auth_rejection_permanent = no
+
+[fusion2]
+type = auth
+auth_type = userpass
+username = 5YYYYYYY
+password = password2
+
+[fusion2]
+type = aor
+contact = sip:5YYYYYYY@smart.0038.net
+qualify_frequency = 5
+
+[fusion2]
+type = endpoint
+transport = transport-udp
+context = default
+from_user = 5YYYYYYY
+from_domain = smart.0038.net
+outbound_auth = fusion2
+disallow = all
+allow = ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
+aors = fusion2
+
+[fusion2]
+type = identify
+match = 61.213.230.153 ; IPアドレス
+endpoint = fusion2

全体としては、以下のようになる。

[general]
match_auth_username = yes

[system]
type = system
disable_rport = yes

[transport-udp]
type = transport
protocol = udp
bind = 0.0.0.0

; 外線: ひかり電話
[hikari-denwa]
type = registration
transport = transport-udp
outbound_auth = hikari-trunk
server_uri = sip:10.81.0.1
client_uri = sip:3@10.81.0.1
retry_interval = 60

[hikari-trunk]
type = auth
auth_type = userpass
username = 0003
password = 0003_password

[hikari-trunk]
type = aor
contact = sip:3@10.81.0.1

[hikari-trunk]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
disallow = all
allow = ulaw
outbound_auth = hikari-trunk
aors = hikari-trunk
direct_media = no
from_user = 3
from_domain = 10.81.0.1
dtmf_mode = inband

[hikari-trunk]
type = identify
endpoint = hikari-trunk
match = 10.81.0.1



; 外線: Fusion SMART IP 1
[fusion1]
type = registration
transport = transport-udp
outbound_auth = fusion1
server_uri = sip:smart.0038.net
client_uri = sip:5XXXXXXX@smart.0038.net
retry_interval = 0
auth_rejection_permanent = no

[fusion1]
type = auth
auth_type = userpass
username = 5XXXXXXX
password = password1

[fusion1]
type = aor
contact = sip:5XXXXXXX@smart.0038.net
qualify_frequency = 5

[fusion1]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
from_user = 5XXXXXXX
from_domain = smart.0038.net
outbound_auth = fusion1
disallow = all
allow = ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
aors = fusion1

[fusion1]
type = identify
match = 61.213.230.153 ; IPアドレス
endpoint = fusion1



; 外線: Fusion SMART IP 2
[fusion2]
type = registration
transport = transport-udp
outbound_auth = fusion2
server_uri = sip:smart.0038.net
client_uri = sip:5YYYYYYY@smart.0038.net
retry_interval = 0
auth_rejection_permanent = no

[fusion2]
type = auth
auth_type = userpass
username = 5YYYYYYY
password = password2

[fusion2]
type = aor
contact = sip:5YYYYYYY@smart.0038.net
qualify_frequency = 5

[fusion2]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
from_user = 5YYYYYYY
from_domain = smart.0038.net
outbound_auth = fusion2
disallow = all
allow = ilbc,g729,gsm,g723,ulaw,alaw
aors = fusion2

[fusion2]
type = identify
match = 61.213.230.153 ; IPアドレス
endpoint = fusion2

extensions.confでは、以下の抜粋のように変更すれば良い。 ここではログも出力するようにしている。

 ; 発信
 ;; Fusion SMARTalk 1の場合には9で発信する。
-exten => _9.,1,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
+exten => _9.,1,NoOp(Fusion1で発信9)
+exten => _9.,n,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
 exten => _9.,n,Set(CALLERID(name)=${MYNUMBER})
-exten => _9.,n,Dial(SIP/${EXTEN:1}@fusion1,120,T)
+exten => _9.,n,Dial(PJSIP/${EXTEN:1}@fusion1,120,T)
+exten => _9.,n,Hangup()

 ;; Fusion SMARTalk 2の場合には8で発信する。
-exten => _8.,1,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
+exten => _8.,1,NoOp(Fusion2で発信8)
+exten => _8.,n,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
 exten => _8.,n,Set(CALLERID(name)=${MYNUMBER})
-exten => _8.,n,Dial(SIP/${EXTEN:1}@fusion2,120,T)
+exten => _8.,n,Dial(PJSIP/${EXTEN:1}@fusion2,120,T)
+exten => _9.,n,Hangup()

 ;; ひかり電話の場合には7で発信する。
-exten => _7.,1,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
+exten => _7.,1,NoOp(ひかり電話で発信7)
+exten => _7.,n,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
 exten => _7.,n,Set(CALLERID(name)=${MYNUMBER})
 exten => _7.,n,Dial(PJSIP/${EXTEN:1}@hikari-trunk)
+exten => _7.,n,Hangup()

NetBSD上のFirefox 124.0.1で、ClearKey EMEの動作確認をする

pkgsrc/www/firefoxをbuildした後に確認している事項として、ClearKey EMEを利用できるか試している。 以下の2つで、映像と音声が再生できれば問題ないはずと思っている。 dash.jsのClearkey DRM instantiati...