Log-structured File System (LFS) について書かれている文献

Log-structured File System (LFS)というファイルシステムがあって、NetBSDもサポートしている。 しかし、私の知る限りNetBSDではちゃんと動いたことはないように思う。 それでも、どうにかして動かしたいと思う人は私以外にもいるようで、時折何かの修正がコミットされている。

もうHDDにストレージのアクセス速度を求める時代ではないのかもしれないが、SSDにも応用できる考え方はあるのではないかとも思う。 mount_lfs(8)のmanページと、英語版Wikipediaの参考文献にあげられている文書を書いておく。 Wikipediaの方はリンクがあるが、mount_lfs(4)の方はそうではないので、後で読む時にはここからたどるようにしたい。

mount_lfs(8)のmanページより

英語版WikipediaのLog-structured file systemの記事より

mount_lfs(8)のmanページの分と重複する物は割愛した。

最初は教科書の一章であるLog-Structured File Systemsを読むのが分かりやすそうだ。

No comments:

Post a Comment

ローカルで大容量・多数のファイルをバックアップしたい場合

ネットワーク経由ではなく、ローカルのハードディスクドライブ間で多数・大容量のファイルをバックアップしたい場合にも、私は rsync を使っている。 途中経過を表示してくれるし、途中で止まってしまった場合にもリカバリーが簡単だろうという意図である。 幸運にも途中で止ま...