FreeBSD Portsで、オプションを選択するダイアログボックスを逐次出さないようにする

FreeBSDを使うことがあるので、そこではFreeBSD Portsを使いたいと思う。だが、いつもオプションを選ぶダイアログボックスでビルドが途中で止まってしまい、 いつまで経っても目的を達せないので、あきらめてpkgsrcを使っていた。

以前、FreeBSD Workshopに出席した際に、最初に指定しておくことのできるmakeターゲットがあると聞いたので、やっとports(7)のman ページを読んでみた。 config-recursiveというのが、それだった。


# cd /usr/ports/x11-wm/jwm
# make config-recursive
(ここで必要なオプションを設定する)
# make install
のようにすることで、目的は達成できた。

私としては、デフォルトのオプションから変えることは基本的にないと思うので、デフォルトの値を自動的に設定するmakeターゲットがあると便利なのだが、 ports(7)には記載されていないようだった。一度、ports/Mk以下をちゃんと読まないといけないように思う。

No comments:

Post a Comment

ローカルで大容量・多数のファイルをバックアップしたい場合

ネットワーク経由ではなく、ローカルのハードディスクドライブ間で多数・大容量のファイルをバックアップしたい場合にも、私は rsync を使っている。 途中経過を表示してくれるし、途中で止まってしまった場合にもリカバリーが簡単だろうという意図である。 幸運にも途中で止ま...