FreeBSDのX.orgでCaps lockキーをCtrlにする

最近のX.orgでは、xorg.confは用意しておかなくても良いのだが、その時にctrl:nocapsを指定する方法を書いておく。 FreeBSDでPortsからxorg-server-1.18.4_9,1を導入した時に使用している。


$ cat /usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/10-capslock.conf
Section "InputClass"
        Identifier "keyboard0"
        Driver "kbd"
        MatchIsKeyboard "on"
        Option "XkbOptions" "ctrl:nocaps"
EndSection

No comments:

Post a Comment

インストールされていないOpenTypeやTrueTypeのフォントのプレビュー方法

以前からNetBSDとX.orgの環境で、OpenTypeやTrueTypeのフォントをfontconfigやXで使うようにしてからではなく、 プレビューしたいと考えていた。 Linux用のfont viewerを検索しても、依存関係が複雑だったり、利用できるようにしてからしか...