JRubyのRestClientで、認証付きHTTPプロキシーサーバーを経由してアクセスする方法

いつの頃か覚えていないのだが、とある認証付きHTTPプロキシーサーバーを経由して、 JRubyのRestClientを使ったプログラムが動いていたはずである。 プロキシーサーバーの情報は、この環境は、Windows 10の環境であるから、


> set http_proxy=http://username:password@serveripaddress:portnumber
のように設定してある。

しかし、何かが変わったようで、今日になると404 Proxy Authentication Requiredの エラーが、net/httpから返されて認証付きプロキシーサーバーを越えることができない。 パスワードは英数字のみで構成されているので、パスワードの値が問題ではないはずである。

いろいろ試した結果、


RestClient.proxy = ENV['http_proxy']
を書いておくことで解消できた。

net/httpの仕様がいまいち理解できず気持ちが悪いが、 いずれまた、はまりそうな気がするので書いておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD/amd64でllama.cppを使ってみる

はじめに 生成AIが私の知りたいことに答えてくれたことはないのだが、手元の端末のみで動くのであれば、遊ぶのには良いかもしれない。 pkgsrcには含まれていないが、pkgsrc-wipには、llama.cppが含まれている。 llama.cppのうち、C++で書かれた部分は正...