Windows 10で、スタートアップディレクトリーを開く

Windows 10にはスタートアップディレクトリーがあって、ログインすると、ここに入っているショートカット等が自動的に開かれる。 このフォルダーを開く方法を忘れないように書いておく。

スタートアップが自分のユーザー用と、全ユーザーに適用されるものの2つがある。 自分のユーザーだけに適用されるフォルダーを開くには、Windowsキー+Rで表示される「ファイル名を指定して実行」よりshell:startupを実行すれば良い。 全ユーザーに適用されるフォルダーを開くには、shell:common startupを実行すれば良い。

これは、「ファイル名を指定して実行」から実行する必要があり、コマンドプロンプトからは実行できない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD/amd64でllama.cppを使ってみる

はじめに 生成AIが私の知りたいことに答えてくれたことはないのだが、手元の端末のみで動くのであれば、遊ぶのには良いかもしれない。 pkgsrcには含まれていないが、pkgsrc-wipには、llama.cppが含まれている。 llama.cppのうち、C++で書かれた部分は正...