エレコム製のハードウェア暗号化USBメモリーMF-ENU3A32GBKのファームウェアを最新化する

エレコム製の ハードウェア暗号化USBメモリーMF-ENU3A32GBKと言うのがあって、 Windows 10 Pro 21H2 64ビット版の環境で利用できる。 このUSBメモリーは、AESで暗号化する機能をハードウェアとして実装しており、USB CD-ROMとして認識される読み取り専用のパーティションに格納されたソフトウェアを 使ってパスワードを入力することで、USBリムーバブルディスクがインサートされた状態になり、読み書きができるようになる。 他にも、内容を全て削除してパスワードも初期化をする機能や、USBリムーバブルディスクを読み取り専用にする機能もある。 試してはいないが、macOS用のソフトウェアも、同じUSB CD-ROMのパーティション内に配置されており、macOSからでも利用できるはずである。

このMF-ENU3A32GBKが3台あって、いずれもProductVersion: 400というバージョンになっていた。そして、これはメニューの操作ではエラーになりファームウェアをアップデートできなかった。 これを最新版であるProductVersion: 520にする方法を記載しておく

Startup.exeを実行して、ファームウェアのアップデートをしようとすると、下図のようなエラーになってしまう。 どうやら、違う製品のファームウェアをインストールしようとして失敗しているように見える。 良く見ると、問題なくファームウェアをアップデートできたMF-ENU3A04GBKやMF-ENU3A08GBKとは違い、MF-ENU3 ソフトウェア更新内容ではなく、ソフトウェア更新内容/Software UpdateというURIにPLM30という文字列の入った変更履歴ページへリンクされている。

1つ目の図にあるように、エレコムのブランドで販売されていたが、実際には子会社になったハギワラソリューションズの製品のようだ。 そこで、ハギワラソリューションズのウェブサイトを見ていると、セキュリティUSBのページ というウェブページがあり、修復ソフトのダウンロード先が案内されている。エレコムの製品Q&A 5152番 が案内される。 しかし、実際にはそこから更に新しいファームウェアへのアップデーターエレコムの製品Q&A 7117番 へのリンクがあり、そこでProductVersion: 520にするためのアップデーターENU3A_Update_v520.zipがダウンロードできる。

このZIPアーカイブファイル中のSoftwareWriter.exeを実行すると、ファームウェアを最新化し、読み取り専用パーティションの内容もSecurityUSB.iso の内容に更新された。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Android 8.0なスマートフォンでGoogleアカウントにログインできない問題を解消させる

Android 8.0をインストールしてあるスマートフォンをファクトリーリセットして保管してあった。 これを再度利用しようとしたがGoogleアカウントにログインすることができなかった。 何らかの方法でログインしようとすると、Google Play開発者サービスの画...