Metabaseを使ってみる

良く実行するSQLを保存しておけて、ウェブブラウザーから結果を参照しておけるものが欲しいと考えていた。 RedashMetabaseか、似たような他のものを候補にしていた。 私の用途の場合には、Oracle Databaseに接続できることが条件だったし、 サーバーOSはWindows ServerでもLinuxでもなかったので、Java Virtual Machineで動くMetabaseしか最終的には目的を逹することはできなかった。 MetabaseはJDBCでOracle Databaseに接続できるので、NetBSDやFreeBSDのサーバーでも問題なく動かすことができた。

ただ、Business Intelligence (BI)ツールとして使おうとすると、まだ機能不足があるようにも感じた。 しかし、当初の目的である良く使うSQLを保存しておけて、ウェブブラウザーから結果を参照する用途は満足できたと感じた。 変数の扱いがもう少し柔軟だと良いのだが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD/amd64でllama.cppを使ってみる

はじめに 生成AIが私の知りたいことに答えてくれたことはないのだが、手元の端末のみで動くのであれば、遊ぶのには良いかもしれない。 pkgsrcには含まれていないが、pkgsrc-wipには、llama.cppが含まれている。 llama.cppのうち、C++で書かれた部分は正...