Windows 10 1909で、IPv6が有効な時に、IPv4のDNSを優先する

自宅のネットワークでは、IPv4でしかDNSサーバーを運用していない。これは、ISC DHCPDとBINDを組み合わせて 動的にホスト名を割り当てるようにしている。 IPv6は、IPoEな接続をそのまま使っているので、IPoE接続側は自宅外のDNSサーバーを配って来る。 こういう環境では、Windows 10 1909は、IPv6の自宅外のDNSサーバーを優先して使ってしまうため、 自宅内の動的に割り当てたホスト名で他のマシンにアクセスできない。 IPv6のDNSサーバーに以下のように手動登録すれば、IPv4のDNSサーバーを優先できる。

ffff::192.168.0.1

No comments:

Post a Comment

源泉徴収税額の納付届出書をe-Taxで提出する

源泉徴収税額の納付届出書をWindows用のe-Taxソフト(国税電子申告・納税システム利用者ソフトウェア)で提出する場合の操作が分かりにくかったので書いておく。 追加インストールで、「申請」の「納税関係」をインストールする。「源泉所得税」ではないので注意が必要。 「作成」メニュ...