Buffalo WLI-UC-GNM2をMicrosoft Windows 7 Professional 32-bitで使う場合の注意

Buffalo WLI-UC-GNM2は、パッケージを捨ててしまうと、実機に型式が書かれていないので何と言う機械なのか分からなくなってしまう問題がある。
USBのVendor ID/Product ID=0x0411/0x01eeであれば、WLI-UC-GNM2である。

これをWindows 7 Professional 32-bitで使う場合には、必ず、

http://buffalo.jp/download/driver/lan/old/wli-uc-gnm2.html
WLI-UC-GNM2シリーズ設定CD Ver.1.00(2011年8月1日)

からダウンロードできるwliucgnm2-100.exeファイルに入っているデバイスドライバーを使わなければならない。
もっと新しいバージョンがいくつかBuffalo社のウェブサイトでは公開されているが、少なくともWindows 7 Professional 32-bitで使う場合には、それらのデバイスドライバーを正常にインストールできない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Asterisk 16で、ソフトフォンとの間をPJSIPによる通信に変更する

Asteriskに接続している一部のクライアントはIAX2で通信するようにしたのだが、 もう1台はZoiPerではなく baresip+ を使っているので、 IAX2にすることはできない。 そこで、この端末についてもchan_sipではなくPJSIPに乗り換える...