ffmpegのx11grabデータソースから30 fpsで取得する

自分の作業を記録しておくのに、スクリーンの内容をビデオとしてキャプチャーしておきたいと思った。 しかし、今使用しているHP Spectre x360 qe019TUは、USB Type-Cによる ビデオ出力はあるはずだが、NetBSDでは動かない。 調べてみると、ffmpegのx11grabデータソースでビデオキャプチャーできることが分かった。 とりあえず、以下のようにすると、30 fpsでMP4ビデオにできた。

$ ffmpeg4 -f x11grab -r 30 -s 1920x1080 -i :0.0+0,24 -vcodec libx264 capture.mp4

ここで、ffmpeg4コマンドは、pkgsrc/multimedia/ffmpeg4xcbオプションを有効にしてビルドしたバージョン4.1である。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

NetBSD/amd64でllama.cppを使ってみる

はじめに 生成AIが私の知りたいことに答えてくれたことはないのだが、手元の端末のみで動くのであれば、遊ぶのには良いかもしれない。 pkgsrcには含まれていないが、pkgsrc-wipには、llama.cppが含まれている。 llama.cppのうち、C++で書かれた部分は正...