ffmpegのx11grabデータソースから30 fpsで取得する

自分の作業を記録しておくのに、スクリーンの内容をビデオとしてキャプチャーしておきたいと思った。 しかし、今使用しているHP Spectre x360 qe019TUは、USB Type-Cによる ビデオ出力はあるはずだが、NetBSDでは動かない。 調べてみると、ffmpegのx11grabデータソースでビデオキャプチャーできることが分かった。 とりあえず、以下のようにすると、30 fpsでMP4ビデオにできた。

$ ffmpeg4 -f x11grab -r 30 -s 1920x1080 -i :0.0+0,24 -vcodec libx264 capture.mp4

ここで、ffmpeg4コマンドは、pkgsrc/multimedia/ffmpeg4xcbオプションを有効にしてビルドしたバージョン4.1である。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Arvel USBシリアルケーブルSRC06-USBをWindows 10 x86_64で使う

Arvel SRC06-USB USBシリアルケーブルというUSBシリアル変換器を持っている。 これにはFDTI製のUSBシリアル変換チップをい利用していて、USB VendorID/ProductID=0x0403/0x6001として認識される。 Arvelを買収...