FreeBSDのconsoleのkeymapの変更

FreeBSD/amd64 11.2-RC3を使っているのだが、NetBSDで/etc/wscons.confencoding us.swapctrlcapsと指定するのと同じ設定が必要だった。 このNetBSDの設定では、CAPS lockキーと左Ctrlキーを入れ替えるのだが、以下のFreeBSDの設定では、CAPS lockが左Ctrlキーになる。 私としては、その方が望ましい。


# vi /etc/rc.conf
keymap="us.ctrl"
us.ctrlの部分は、/usr/share/vt/keymapsにあるファイル名から.kbdを取ったものを指定する。

No comments:

Post a Comment

ローカルで大容量・多数のファイルをバックアップしたい場合

ネットワーク経由ではなく、ローカルのハードディスクドライブ間で多数・大容量のファイルをバックアップしたい場合にも、私は rsync を使っている。 途中経過を表示してくれるし、途中で止まってしまった場合にもリカバリーが簡単だろうという意図である。 幸運にも途中で止ま...