NetBSDでwpa_supplicantを使ってWEPでWi-Fi接続する場合

NetBSDでWEPでWi-Fi接続する場合には、ifconfig(8)コマンドを使えば簡単なのだが、 wpa_supplicantを使っても接続してみたい。

まず、ifconfig(8)を使った場合を書いておく。run(4)なWi-Fiアダプターを使う場合である。


# ifconfig run0 ssid [SSID名] nwkey [パスフレーズ]
# dhcpcd run0

同じことをwpa_supplicantを使って設定する場合を書いておく。


$ cat ~/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel
network={
        ssid="[SSID名]"
        scan_ssid=1
        key_mgmt=NONE # WEP
        wep_tx_keyidx=0
        wep_key0="[パスフレーズ]"
}
# wpa_supplicant -d -i run0 -c ~/wpa_supplicant.conf
# dhcpcd run0

今さらWEPもないはずなのだが、必要な時はあるので、書いておいた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Asterisk 16で、ソフトフォンとの間をPJSIPによる通信に変更する

Asteriskに接続している一部のクライアントはIAX2で通信するようにしたのだが、 もう1台はZoiPerではなく baresip+ を使っているので、 IAX2にすることはできない。 そこで、この端末についてもchan_sipではなくPJSIPに乗り換える...