OpenBSD 6.1のリリース

2017年4月11日に OpenBSD 6.1がリリースされていた。

6.0からの変更点のうち、気になったものは以下の通り。

  • arm64プラットフォームで、LLVM/clangがベースのコンパイラーになった
  • armv7プラットフォームで、EABI対応が進んだ
  • loongsonプラットフォームでLoongson 3A CPUとRS780Eチップセットをサポートした
  • armish、sparc、zaurusの各プラットフォームが終了した
  • acpials(4)デバイスドライバーで照度センサーをサポートした
  • acpihve(4)デバイスドライバーでHyper-Vでのエントロピー収集をサポートした
  • hvn(4)デバイスドライバーでHyper-Vネットワークインターフェイスをサポートした
  • iatp(4)デバイスドライバーでAtmel maXTouchタッチパッドとタッチスクリーンをサポートした
  • uwacom(4)デバイスドライバーでWacom USBタブレットをサポートした
  • 最近のApple製ハードウェアでACPI S3サスペンド/レジュームが可能になった
  • vmm(4)/vmd(8)で様々な改良がなされた
  • acme-client(1)が追加された

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

ハトリ・マーシャル株式会社を探る (その後)

前回 は、ハトリ・マーシャルが短資会社になったところまでを書いた。 今回は、その後の話題に触れたい。 短資会社となった後に、ハトリ・マーシャルが大きく活躍したような記事はあまり見付けることができなかった。 そもそも短資会社や外為ブローカーについての情報が少な...