OpenBSD 6.1のリリース

2017年4月11日に OpenBSD 6.1がリリースされていた。

6.0からの変更点のうち、気になったものは以下の通り。

  • arm64プラットフォームで、LLVM/clangがベースのコンパイラーになった
  • armv7プラットフォームで、EABI対応が進んだ
  • loongsonプラットフォームでLoongson 3A CPUとRS780Eチップセットをサポートした
  • armish、sparc、zaurusの各プラットフォームが終了した
  • acpials(4)デバイスドライバーで照度センサーをサポートした
  • acpihve(4)デバイスドライバーでHyper-Vでのエントロピー収集をサポートした
  • hvn(4)デバイスドライバーでHyper-Vネットワークインターフェイスをサポートした
  • iatp(4)デバイスドライバーでAtmel maXTouchタッチパッドとタッチスクリーンをサポートした
  • uwacom(4)デバイスドライバーでWacom USBタブレットをサポートした
  • 最近のApple製ハードウェアでACPI S3サスペンド/レジュームが可能になった
  • vmm(4)/vmd(8)で様々な改良がなされた
  • acme-client(1)が追加された

No comments:

Post a Comment

ローカルで大容量・多数のファイルをバックアップしたい場合

ネットワーク経由ではなく、ローカルのハードディスクドライブ間で多数・大容量のファイルをバックアップしたい場合にも、私は rsync を使っている。 途中経過を表示してくれるし、途中で止まってしまった場合にもリカバリーが簡単だろうという意図である。 幸運にも途中で止ま...