RISC OSがApache License Version 2.0になったので

RISC OSがApache License 2.0で公開される と言うニュースを見ていたのだが、具体的にどういう風に変更されたのか把握していなかった。 RISC OSのソースコードはCVSで管理されているのだが、 castleというディレクトリー がapacheというディレクトリーに改名されて、 LICENSEというファイルでApache License Version 2.0が 置かれるようになった。各ソースファイルにもApache License Version 2.0の 適用される旨のヘッダーが含まれるようになったのだが、 どうやらそれはCVSのリポジトリーを直接編集したように見える。

0 件のコメント:

コメントを投稿

新しいリムネットのSMTPサーバーの認証方式を調べmsmtpで使う

リムネット の電子メールアドレスのみ目的として、ずいぶんと長い期間利用してきている。 2021年4月1日から、私のような電子メールアドレスだけ維持したい人にとっては、大幅値上げとなった。 値上げを機会にウェブサイトを見てみたところ、これまでのSMTP AUTHだ...