DragonFly BSD 4.8のリリース

DragonFly BSD 4.8が2017-03-27にリリースされていた。

主な変更点は以下のようだとのこと。

  • カーネルのパフォーマンス向上
  • eMMCからの起動
  • NVMe SSDのサポート
  • Linux 4.6のDRMKMSベースのi915サポート(BroadwellとSkylakeをサポート)

後でpkgsrcもbootstrapしてみないと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Asterisk 16で、ソフトフォンとの間をPJSIPによる通信に変更する

Asteriskに接続している一部のクライアントはIAX2で通信するようにしたのだが、 もう1台はZoiPerではなく baresip+ を使っているので、 IAX2にすることはできない。 そこで、この端末についてもchan_sipではなくPJSIPに乗り換える...